営業を断る場合の3つのポイントと参考になるメール例文

2016年12月9日営業

営業を断る場合の基本的なポイントとは

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb s

ビジネスシーンの中では相手の営業を断るにも、マナーがあります。断る際には、特にこのビジネスマナーを守らなくてはいけません。しっかり覚えておきましょう。

断る場合の3つのポイント

相手の営業を断る場合の3つのポイントは、

①営業を断る時に曖昧な書き方をしない。

②配慮した表現を使う。

③営業活動に対する御礼を述べる。

の3点です。

メールの文面では、

●相手の提案を採用しない事

●営業活動に対する御礼

●今後も機会があれば提案してほしい事

会社同士の関係を考えると、メールでは詳細に書きすぎない方が無難です。曖昧に書くとトラブルに繋がりますので、断る場合にはきっぱりと書きましょう!

断りメールを作成するときのコツ

断りを伝える際には、「本当に申し訳ない」という言葉を書き記しましょう。クッション言葉があるかないかで、断りに対する印象を和らぐ事があります。

ちょっとしたコツを覚えておけば、失礼のないメールが作成出来ますので、見て行きましょう。

メール冒頭でお礼の挨拶は大事な要素!

メールの冒頭では、営業してもらえたことに対して、

「平素より、大変お世話になっております。」

というように、お礼の文章を入力しましょう。

相手への感謝を伝える一文があるかないかで、断りメールが失礼か、そうでないかは決まって来ます。

営業の断りメールの例文を紹介!!

営業に対する断りメールを作成する際の例文を紹介します。メールを作るときには、是非参考にしてください。

57fcddeaa9a14b13911a229534b2e361 s

営業の断りメールでは感謝の気持ち・配慮が大事!

[件名]

ご提案いただいた○○の件について

[メール文面]

○○様いつもお世話になっております。

株式会社○○の○○でございます。

先日は○○の件で提案していただき、ありがとうございました。

貴社のご提案を、弊社で慎重に検討いたしました。

しかし、誠に恐縮ながら、費用の面で折り合いがつかず、

見送らせていただくこととなりました。

再度のご提案、厚く御礼申し上げます。

また何か御機会がございましたら、

よろしくお願い申し上げます。

取り急ぎご報告申し上げます。

営業に断りメールを入れる時のポイントは感謝の気持ち!例文を参考にして不快にしない配慮が大事

今回は、営業マンに断りメールを入れる時のポイントと例文について紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

営業に断りメールを入れる時のポイントは感謝の気持ちが重要。大事なのは、相手の営業を断る感謝の気持ちを伝える配慮です。

断るにもマナーがあり、相手を不快にさせないように気遣うことも、社会人として大事です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK