ルートセールスの意味と求められる要素4つ

ルートセールス

ルートセールスとは既存顧客に対して行う営業

Business man 358893 640

ルートセールスというのは、すでに取引のある得意先に新商品の提案やサービスのセールスを行います。定期巡回販売やラウンダーと呼ばれることもあります。基本的に商品の配送はロジスティクスやメーカーから行いますが、自分で配送をして信頼関係の構築や、接待も多いのがルートセールスです。常に得意先の状況を把握しておかなければなりませんし、売上を上げるためには相手が何を望んでいるのかを見極める力も必要でしょう。得意先ですから日々の注文は普通に入りますが、それ以上に売上を上げるのはルートセールスの手腕にかかっています。

ルートセールスに顧客の新規開拓はほぼない

先ほど説明した通り普通の営業と違い、ルートセールスには顧客の新規開拓がほとんどありません。その分、既存の顧客に対して行うため、信用が何よりも大事になっていきます。ルートセールスは、信用なくしてはできない仕事なのです。では、そんなルートセールスには、どういったスキルが必要なのでしょうか。

ルートセールスに必要な要素①:聞く力

ルートセールスに必要なスキルとしては、まず聞く力である「ヒアリング力」です。ルートセールスでは顧客が何を求めていて、どんな部分にニーズがあるのかを把握しなければなりません。そのためには、聞く力が必要になるのです。ルートセールスをするなら、ヒアリング力を鍛えておきましょう。

ルートセールスに必要な要素②:コミュニケーション能力

ルートセールスに何と言っても欠かせないのが、コミュニケーション能力でしょう。コミュニケーション能力なくして、ルートセールスは務まりません。人見知りをせず誰とでもすぐに打ち解けられる性格なら、ルートセールスとして活躍していけるでしょう。コミュニケーション能力は大きな強みになりますので、どんどんアピールしてください。

ルートセールスに必要な要素③:粘り強さ

ルートセールスには、粘り強さも求められます。既存顧客だからといって、提案したものをなんでも購入してくれる取引先ばかりとは、限りません。したがって、ルートセールスには粘り強さも必要なのです。粘りつつも相手のニーズを組み取ってルートセールスができるメンタルの強さがあれば、様々な面で評価されていくでしょう。

ルートセールスに必要な要素④:PCスキル

意外に思われますが、ルートセールスにはPCスキルも必要です。ルートセールスは、何も外出するばかりではありません。顧客に向けてプレゼン資料を作成する機会もあります。そのプレゼン資料は、いかにわかりやすく丁寧にできているかで、成功率も変動してくるのです。ルートセールスを目指そうと考えているなら、PCスキルも身に付けておきましょう。

既存顧客に営業を行うルートセールスには「聞く力・話術・粘り強さ・PCスキル」が必要

ルートセールスの意味と求められる要素を4つご紹介しました。いかがでしたか?ルートセールスとは、既存の顧客に対して行う営業のことです。普通の営業とは違い、顧客の開拓がないのが特徴と言えます。そんなルートセールスに必要なのは「聞く力・話術・粘り強さ・PCスキル」です。ルートセールスに必要な要素と、自分のスキルを見つめ直して足りない部分は補うようにしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職