実は知らないことも多い百貨店の営業の仕事内容

2016年12月20日営業職, 百貨店

百貨店の営業は内勤と外勤がある

百貨店はデパートとも呼ばれ、高級な品々が並ぶ大型の商業施設を指します。この中で働く営業といったら、どういう仕事があるのでしょうか?実は、百貨店営業といっても内勤と外勤に分かれます。それぞれの特徴と仕事内容を見ていきましょう。

内勤営業は百貨店内で活動する

内勤営業とは、来店したお客様に対して商品やサービスを提供する仕事です。簡単にいうと、百貨店内で物を売るということですね。百貨店の営業というと、こちらの仕事をイメージする人が多いでしょう。実際目にすることも接する機会も多いですからね。

外勤営業の代表は外商

百貨店の外勤営業の代表が、「外商」です。この部署で活躍する営業マンの仕事内容は「訪問セールス」です。上得意客と呼ばれる百貨店をよく利用する一定の条件をクリアしたお客様の家に来訪し、直接商品を売り込むのが外商営業マンの仕事内容です。

法人営業も外商のひとつ

法人、つまり企業に対する提案営業も、外商セールスのひとつとされています。特にお中元などのギフト商品は、百貨店の法人外商の要となってきます。こういった季節もののギフト商品は、百貨店の年間売り上げにもかかわってくる大変重要な仕事です。

まとめ

このように、百貨店の営業の仕事内容は、内勤・外勤の2つに分けられます。内勤の営業活動は日ごろからよく目にしますが、外勤(外商)の営業活動は、知らない人も多かったのではないでしょうか。どちらの営業職でも求められるスキルは、コミュニケーション能力です。顧客の要望を聞きだし、ニーズに見合った商品を案内することが百貨店営業の役割とされているのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK