休職中の同僚に向けてメール送る場合に心がけるべきポイント

2016年12月20日休職, 同僚

休職中の同僚には適度な量のメールを送る

Office 620822 960 720

休職中の同僚にメールを送る場合、精神的な理由で休職をしている相手にはプレッシャーを与えてしまう可能性があります。しかし、ケガなどで休職をしている同僚には気軽にメールを送ると喜ばれるでしょう。しかし、あまりにメールを送りすぎると迷惑を掛けてしまうため、適度な量にとどめておく必要があります。

精神的な負担をかけないようにする

休職中の同僚を心配していることを大げさにして伝えたり、会社が大変になっているなどと伝えると、気を遣わせてしまい負担をかける恐れがあります。休職中の同僚も会社に迷惑をかけていると感じているため、わざわざ負担をかけるようなメールをする必要はありません。休職中の同僚がいなくて寂しい程度の内容にとどめておきましょう。

休職中の同僚に送るメールは迷惑を掛けない時間帯を選ぶ

休職中の同僚にメールを送るときは、迷惑を掛けない時間帯を選びましょう。早朝や深夜にメールを送ると、着信音で起こしてしまうかもしれません。相手がゆっくり内容見るためにも、日中にメールを送るようにしましょう。親しき中にも礼儀ありということで、相手を思いやったメールを送ることが大切です。

相手の気持ちになってメールの内容を考えることが大切

休職中の同僚にメールを送るときは、相手の気持ちになってメールの内容を考えるようにしましょう。自分が休職中だとしたら、どんな内容のメールが嬉しいでしょうか。復職してからも気軽に相談し合える間柄でいるためにも、休職中の同僚を支えてあげましょう。思いやりのあるメールが、休職中の同僚の心を軽くします。よき仕事仲間として、メールの内容をよく考えてから送ることが大切です。

休職中の同僚に送るメールは相手に負担を掛けないように内容を慎重に考えよう

いかがでしたか。休職中の同僚に送るメールについてご紹介してきました。休職中の同僚に送るメールは、相手に負担をかけない内容にして精神的なプレッシャーを和らげてあげましょう。そのためにも会社が忙しくて大変などと伝えるのを避け、休職中の同僚がいなくて寂しい程度の内容にする必要があります。また、迷惑を掛けないように、メールを送る時間帯についても気を付けましょう。このような相手を思いやったメールが、休職中の同僚を癒すこともあります。休職中の同僚に送るメールは、相手の気持ちになって思いやりの気持ちを持つようにしましょう。復職後もいい間柄でいるためにも、休職中の同僚がホッとできるような内容のメールを送ることが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK