医療機器営業の面接の注意点とよく聞かれる質問例

2017年7月24日医療機器, 営業

医療機器営業の面接における注意点①:清潔感を心がける

Businessman 449927 640

医療機器営業の採用選考では、清潔感のある見た目をしているかどうかを重視する傾向があります。医療機器営業を目指す人は、清潔感のある見た目を心がけてください。

面接で清潔感を重視する理由とは何でしょうか。

医療機器営業は清潔感や信頼感ある外見・振る舞いが求められるため

営業は会社の顔、とよく言われますね。会社の代表として訪問する訳ですから、訪問先に失礼のないように身だしなみを整えなければなりません。

さらに、医療機器という生命に関わる機器を扱う会社の営業として、身だしなみや振る舞いからも、信頼感や清潔感を相手に感じされることが大切になってくるでしょう。面接官は、応募者の髪型や服装などの身だしなみや清潔感もしっかりチェックしています。医療機器営業になりたいのなら、服装のマナーなどきっちり確認をして面接に臨むようにしましょう。

医療機器営業の面接における注意点②:質問には簡潔かつ具体的に答える

医療機器営業に転職したければ、面接中の質問には簡潔かつ具体的に答えましょう。要点をつかめないだらだらとした回答をしたら、不採用になると考えてください。

面接官は、質問への回答の様子からどのようなことを判断しているのでしょうか?

面接官は回答の様子から現場でドクターに話す姿をイメージしている

面接官は、その質問の答えだけを単純に聞いているのではありません。

医療機器営業は、病院などに訪問してドクターに医療機器の商品を売り込むという仕事です。そのため、面接官はあなたの回答を「営業現場でドクターに話すところ」をイメージしながら聞いています。

回答する際は、説明や前置きが長くなりすぎないように注意し、まず結論から答えると良いでしょう。その後で簡潔に説明をすることがポイントです。

医療機器営業の面接における注意点③:マニュアル的な回答はしない

医療機器営業の面接でマニュアル的な回答は絶対にしないでください。生命に関わる医療業界では、マニュアル的な回答はご法度です。

自分の言葉で医療機器営業という仕事・企業への熱意をアピールしよう

面接官が知りたいのは、求職者の考え方や医療機器営業という仕事への熱意、そして自社に合う人材かどうかです。面接対策本に載っている回答を真似しても、それらは伝わりません。自分を企業にアピールすることもできません。

自分の言葉で、仕事や企業への熱意、企業に貢献できる人材であるとアピールすることが何よりも大切です。

医療機器営業の面接でよく聞かれる質問例

医療機器営業の面接でよく聞かれる質問例をまとめました。どのような質問傾向なのかを把握し、回答を用意して面接の練習を繰り返し行いましょう。

よく聞かれる質問例一覧

Doctor 563428 640

■これまでの経歴を説明してください

■当社を志望した理由

■今までの営業実績の中での成功事例を挙げてください

■あなたにとっての強み・弱み(長所・短所)は?

■何らかのビジネスのシチュエーションを提示され、「こういう場合あなたならどうしますか?」

■今後、当社でどのようなキャリアを築いていきたいですか?

回答に自分の経験談を盛り込むと具体的になる

どの質問にも簡潔かつ具体的に回答しましょう。自分の経験談を盛り込むと具体的になります。

これらの質問例に準備なしで答えられる人はなかなかいないでしょう。質問例を参考にして、簡潔で具体的な回答例を組み立ててください。

医療機器営業の面接では「清潔感」が重要!質問例を参考に回答を考えておこう

医療機器営業の面接の注意点と、面接でよく聞かれる質問例について説明しました。

面接の本番では、緊張して頭が真っ白になることもよくあります。緊張するのは悪いことではありませんが、そのせいで回答がぐだぐだになるのは、マイナス評価にしかなりません。

質問例から回答を用意して練習を繰り返せば、緊張しても面接官からの質問にしっかりと回答できるようになります。面接の注意点もおさえて、医療機器営業への転職を成功させましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年7月24日転職

Posted by BiZPARK