日雇いの仕事でも雇用契約書が必要な理由と注意点

2016年12月6日日雇い, 雇用契約

現在では日雇という形での仕事が増えている傾向にある

Hand 427504 640

従来であれば、企業の正規雇用でフルタイムの仕事をするのが一般的でした。

また、アルバイトなどの非正規雇用であっても、企業による長期間の雇用が前提となっていたものです。しかし、現在では企業が日雇という形の、単発の仕事を扱うケースが増えています。

日雇の場合は、フルタイムの場合と異なる部分があるため、注意が必要です。

企業は日雇であっても雇用契約書の作成を行うことが義務付けられている

日雇という雇用形態であっても、雇用契約であることに変わりはありません。

したがって、雇い主である企業は雇用契約書を作成しなければならないのです。日雇で雇用契約書を作成することには、さまざまな手間が掛かってしまうため、できれば避けたいと感じるものですが、労働基準法に基づいた義務である以上、企業はこれを守らなければなりません。

雇用契約書は雇用主である企業にとっても重要なもの

雇用契約書というのは、労働者が安心して仕事をすることができるように作成するものです。

しかし、同時に雇用主である企業にとっても、労働者との間で発生しやすい労働関係のトラブルを未然に防ぐための書類になります。企業は雇用契約書に記載しなければならない内容を理解して、正しい書類を作成することが求められています。日雇労働者でも変わりません。

日雇の雇用契約書で注意しておくこと

日雇の仕事は、誰でも就くことができるわけではありません。日雇で働くことが認められる条件があるのです。

日雇の条件をきちんと満たしている人は、転職活動を行う際などに、転職先が決まるまでのつなぎとして、日雇という働き方を有効に活用することができます。どのような条件が定められているのかを知っておくと、スムーズに日雇の仕事を探すことができるようになります。

Document 428334 640

日雇として働く場合は企業の雇用契約書の内容を確認すること

日雇の場合、1日で仕事が終わってしまうため、雇用契約書をあまり重視していない人もいます。

しかし、企業と雇用契約を締結して仕事に就いているわけですから、雇用契約書は日雇労働者にとっても企業にとっても、非常に重要な書類です。転職活動などの際に不利益を受けないようにするには、日雇雇用契約書などの書類をしっかりと確認する習慣をつけなければなりません。

労働者と企業間のトラブル防止のため日雇の場合でも企業は雇用契約書を作成する

働き方が多様化している現在では、日雇という形で働くこともできます。

文字通り、1日だけ雇用されて仕事をするというものです。この場合、雇用契約書は必要ないのではないか、と考える人もいますが、雇用契約書はどのような雇用契約の場合であっても必須とされます。日雇としての雇用の場合でも、企業は必要事項を記載した書面を用意しなければなりません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月6日転職

Posted by BiZPARK