会社へ入社する時に正社員が雇用契約書で注意すべき点

2016年12月9日雇用契約

雇用契約書を交わさない会社は労働基準法に違反する可能性が

Document 428334 640

雇用契約書とは、自分が会社でどんな労働条件で働くかが明確に記載されている契約書のことを言います。どんな会社に入る時でも、必ず雇用契約書をかわすことになっているのです。これは、きちんと雇用契約書を交わさないと、労働基準法にも違反してしまうので、雇用する会社は注意しなければいけません。

発行しない場合や後で作成する会社もあるので注意

会社によっては、正社員の雇用契約書を発行していないという会社もあるようです。しかし、後に発行すると言うケースもあります。そのようにすぐにではなく、数か月後に発行と言われた場合には、もしかして雇用契約条件として試用期間を設けられている可能性もあることを頭に置いておく必要があるのです。ですから、雇用契約書をもらっていない場合は、給料が低い可能性もあるので注意をしなければいけません。

雇用契約書で必ず確認すべき項目とは?

雇用契約書には、正社員でもパートの場合でも記載しなければいけない項目がいくつかあります。一つ目は職種です。従事する仕事の、具体的な内容を表す名称が書くことが義務とされています。二つ目は雇用形態です。法的には、「期間の定めのない雇用(常用雇用)」又は、「期間の定めのある雇用(有期雇用)」か、どちらかでしょう。三つめは、雇用期間です。正社員の場合は「期間の定めのない雇用」で、「常雇」と記載されています。契約社員などの非正規雇用の場合は、雇用期間が予め定めてあることが原則です。

就業時間や時間外労働など大切な項目をきちんと確認!

雇用契約書の記載する項目としては、他にもいくつかあります。就業時間、時間外労働について、賃金形態、社会保険、その他備考です。どれとても大切な項目なので、雇用契約書を正社員、もしくはパートとしてもらう時にはきちんと確認しましょう。

正社員で雇用契約書をもらっていないなら発行してもらう

せっかく正社員になっても、雇用契約書をもらっていない場合は、トラブルがあった時のためにも、発行してもらうように頼みましょう。そうすることで、もしも、正社員で働いていて会社を辞める時や、パートで働いていて契約更新をされない場合に、きちんとした雇用契約書があれば、違法な辞め方をしないで済むこともあるのです。

雇用契約書がない会社はブラック企業の可能性大

1fa14fb0

雇用契約書がない会社の場合は、正社員で時間外労働をしても、残業代が出ないことも考えられます。きちんと支払われている実績があれば良いですが、入社前に、残業代が出ないと言われたら、きちんと事情を聴きましょう。手当に残業代も含まれている場合もあるので、一概にブラック企業と言うわけでもないのです。正社員で安心して働くためにも、雇用契約書はもらうようにしましょう。

会社へ入社する時、正社員は雇用契約書に重要項目が記載されているか注意!

会社へ入社する時に、正社員が雇用契約書で注意すべき点をお教えしました。雇用契約書は、正社員になれば必ずもらうものです。雇用契約書には、大事な項目がたくさんあります。どの項目も、とても大切なもので、自分の給料に直結してくるものなのです。ですから、せっかく正社員になったのなら、雇用契約書をきちんと会社とかわすことが大前提なのです。もらっていない場合は、きちんともらえるように請求することも大事なのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK