取引先と食事に行った際に注意すべき接待マナー

2016年12月6日取引先, 接待

取引先の人と食事に行った際の接待マナー

Beer 375974 640

取引先と食事に行った際に気をつけるべき接待マナーのポイントをあげていきます。自分は大丈夫だと思っていても、案外できていないマナー等もあります。社会人歴が長い方、接待の経験が何度もある方も、ここでもう一度だけ、取引先と食事に行った際の接待マナーを確認してみてください。

乾杯は目上の人の持つグラスよりも高くしない

接待の場合では、乾杯から気をつけるべきです、なぜならそこに、接待マナーがあるからです。

乾杯をする時は、自分のグラスを目上の人の持つグラスよりも高くしてはいけません。カチンとグラスをあわせる必要もありませんので、相手が近づけてきたらそれに答えればOKです。乾杯後は一口だけでも良いので飲み物を飲みましょう。

接待マナーの前に、上座のルールやナイフとフォークのマナーも覚えるべき

接待マナーの前に、上座のルールやナイフとフォークのマナーも覚えるべきです。

上座や下座のルールを理解しましょう。またお店によってはナイフとフォークを使うかもしれません。使う順番などを覚えておきましょう。

接待マナーでは、オーダーは積極的にとる

接待マナーでは、オーダーは積極的にとるのが一般的です。

取引先との食事会では自分の方が入り口に近い席に座っているはずですので、オーダーは積極的に取りましょう。取引先のグラスの空き具合を見ながら「何か飲まれますか?」と聞けばOKです。とりわけも積極的にしましょう。

会話に関しての接待マナー

次は、会話に関しての接待マナーに関してみていきましょう。

食事やお酒のマナーと並んで大事になってくるのが、会話のマナーです。接待の席で無言になってしまうと、何の為に席を設けたのかも解らなくなってしまいます。

接待マナーとして、話題は豊富な方が良い

事前に先方の趣味や好きな話題が解っているのなら、その話をしましょう。情報が少ない場合には、最近のニュースやスポーツの話題などを仕入れておきます。

会食の席で仕事の話はほどほどに

取引先と仕事の話をしたいのは山々かもしれませんが、抑えましょう。まったく話していけないというわけではありません。場が盛り下がらない程度にしましょう。

会食の席で政治の話や宗教の話などはNG

新興や信条はひとそれぞれです。取引先の食事会において、政治の話や宗教の話などはNGです。思わぬ誤解を生むかもしれません。

取引先との食事会で大切なことは?

Pizza 346985 640

「先方が楽しんでいるかどうか」が取引先との食事会においてもっとも大切な事です。料理の味、お店の雰囲気、会話の盛り上がり具合など、全て含めて先方が楽しかったと感じてくれたら成功になります。その為に必要なマナーをしっかり身につけておきましょう。

主役は相手!引き立て役に徹するマナーも必要

乾杯の合図で食事会がスタートしたら、常に相手の動向をチェックします。食事やお酒は進んでいるか、会話が途切れていないか、料理は全て行き届いているか等、細部まで気を配りましょう。引き立て役に徹するのも仕事の一環です。

とにかく笑顔での対応を心がけるのが社会人のマナー

大切なのは、とにかく笑顔での対応を心がける事です。こちらがつまらなそう、帰りたそうな顔をしていたら、相手も気分が悪いですよね。そうならないように、常に意識的に笑顔でいましょう。

笑顔で取引先を引き立てるのが食事会での接待マナー

取引先との食事会の席は緊張しますし、会社の看板を背負っているという責任感も多少なりともあるはずです。接待マナーを守って無事に済ませる事ができれば、関係はより良好になってくるはずです。マナーのポイントとなるべき点を押さえ、相手への敬意を払いつつ、社会人としてのスキルを磨いていってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月6日ビジネス

Posted by BiZPARK