プレッシャーに負けるな!仕事の緊張を逆に楽しむ方法

プレッシャー, 緊張

仕事での適度なプレッシャーや緊張感は人を成長させる

Gf01a201503290300

所謂上がり症な人は、仕事のちょっとした打ち合わせや会議や電話でも大変な緊張やプレッシャーを感じるといいます。そう考えると仕事とは緊張と弛緩の連続から成り立っています。

ずっと緩みっぱなしは効率が悪いですよね。適度なプレッシャーや緊張は能率を高め、成果を上げやすいと言えるのではないでしょうか。そんな仕事でのプレッシャーや緊張を上手に楽しむコツを見てみましょう。

プレッシャーや緊張は悪い事ではない

仕事でのプレッシャーや緊張は身体の不調と捉えている人が多いかと思いますが、仕事でプレッシャーや緊張を楽しむ方法を知っていれば、逆に成功への近道にもなり、悪くはないと思えるでしょう。

プレッシャーや緊張は集中している証拠

仕事でのプレッシャーや緊張で何を話しているのか分からなくなってしまうのは良くないのです

ギリギリのところまで集中している事は、実はその事に集中している証拠でもあるため、仕事でのハイパフォーマンスを発揮できる可能性というのも高まります。

プレッシャーや緊張は新しい事態に対する準備

『緊張は悪だ』と思う人がほとんどだと思いますが、実際はプレッシャーや緊張によって体が臨戦態勢をとり心理学的に『新しい事態に対する準備』をしている状態です。

よって必ずしも緊張が悪いというわけではありませんが人前に立つ時や試合など普段の状態で挑みたいと思っていても声が震えたり思考が鈍ったり体が動かなくなったりしてしまいます。

仕事でプレッシャーや緊張を感じない方法とは

しかしながら緊張しない思考や体づくりは誰でも可能です。それが極度のあがり症の人であっても同じ事が言えます。それでは緊張しない思考や体づくりを見ていきましょう。

Gf01a201503270600

プレッシャーや緊張を克服する一番の方法は「楽しむ」事

緊張とは、未知の事や自分が乗り越えられるか分からない事を前に興奮している状態。それだけの事であって、本来は「怖い事」ではないはず。

そんな緊張を克服して、恐れない一番の方法は、それを良いもの、楽しいものと発想を換えてしまうのが一番のようです。

不安定な状態を楽しむ姿勢

プレッシャーや緊張は、楽しむものと考えましょう。楽しむものと考えれば、恐怖や緊張も前向きになって楽しめます。ちょっとしたスリルを味わうものだと考えればいいのです。

ミステリー小説を読むと、わくわくした気持ちになるのと同じです。「どうなるんだろう」という不安定な状態を楽しみながら、少しずつ先に進みます。プレッシャーや緊張を楽しむ姿勢は、人生を楽しむ姿勢です。プレッシャーや緊張を楽しむものと考えて前向きに受け入れたとき、緊張が敵ではなく味方になります。

大きな仕事を任せられてプレッシャーを感じたら

仕事の中では、大事なプレゼンをしなければならかなったり、コンペで他社と競わなければならなかったりと、ここ一番の大勝負といった仕事がたまにありますよね。

大変なプレッシャーを感じてしまう場合は、どのようにすれば打ち勝てるのでしょうか?

練習や資料などの準備を万端にする

緊張しない3つの方法を紹介しましょう。シンプル過ぎて拍子抜けかもしれませんが、効果は絶大です。

■プレゼンの場慣れをする

■準備と練習をする

■ビデオ撮影をする

プレゼンでどんなにいい事を言えるとしても、いざプレゼンの場に立って緊張してしまったら言いたい言葉が出てこないからです。

いかに練習で場馴れできるか

だから、何を言うかが大切なのではなく、いかに緊張せずに堂々と話せるか、そっちの方が大事なんです。まずは場慣れをしていきましょう。

練習した分だけ上達するのは間違いありません。誰だって最初は初心者です。練習するしか上達の道はないのです。緊張もそうやってしなくなるものです。これにつきます。

電話のコミュニケーションで緊張を楽しむ方法

ビジネスシーンに限らず電話でのコミュニケーションで緊張してしまう人は多いのではないでしょうか?それを楽しむ方法はないのでしょうか?

かけるor取る前に会話のイメージトレーニングを

電話はとても便利なものです。ですが、話している時に相手の顔が見えない、沈黙するとどうしていいかわからないなど、かけたはいいけれど緊張して楽しむ事ができないといった人もいるでしょう。

そんな電話の緊張感を和らげ、電話をより楽しむ方法にはいくつかのステップがあります。

まずは、かける時に予めイメージトレーニングをしておきましょう。簡単に相手が出たらどう話すか、最初の一言がうまくいくと、そこで緊張がほぐれその先落ち着いて会話を楽しむ事ができます。何も考えずいきなりかけて、相手が出た時に、それに対して自分が焦ってしまったらそれこそ台無しです。

ひと呼吸おいて慌てずゆっくり話す

かける前はひと呼吸置くようにしましょう。かかってきた場合も同じです。鳴ってすぐ慌てて取ると、どうしてもそこで気持ちが焦ってしまいます。出る前にひと呼吸おいて、慌てずゆっくり話す、これができるとプレッシャーや緊張はかなり和らぎます。

そして、自分からかける時は、何を話すか予め決めておきましょう。話題について考えておくと、自分も相手も話しやすくなります。

ただ何となく喋りたいから、そんな風に電話をかけても、それは自分の都合でしかありません。ですから、余計に、相手も盛り上がれる話題を考えておくと、お互い楽しめる事に繋がります。

仕事で緊張やプレッシャーに負けない為には楽しむ事が大事!

仕事で緊張やプレッシャーに押しつぶされずに楽しむ方法を見ていきましたが、いかがでしたか?

今まで緊張する事に怖い思いをしてきた人もこの楽しむ方法のお陰でだいぶ緊張に対する考え方も変わってきたのではないでしょうか?緊張に限らず何事も楽しむ事は人生を歩む上で大切な事なのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職