面接の待ち時間は何をする?知っておきたい有効活用する方法3つ

効率化, 緊張

面接の待ち時間は使い方次第で活動に影響する

Meeting room 730679 1280

就職や転職活動において、自分の面接に入るまでの待ち時間は頻繁に発生するものです。この待ち時間は大変貴重な時間なのですが、ただぼーっとしているだけでは、何の意味もありません。「時は金なり」とはよくいったもので、この待ち時間の活用方法で、就職や転職活動にも差がついてきてしまいますよ。では、どのようにすれば有効活用できるのでしょうか?

面接待ち時間の有効活用法①:メモを見て重要事項の再確認

Writing 336370 1280

面接の待ち時間は、可能な限りメモを見て重要事項を再確認にして有効活用しましょう。まず予め面接に向けて、応募先の会社の概要や求人内容などをまとめておきます。それをふまえて、志望動機や自分のセールスポイントなども整理しておくのです。そうすると、待ち時間を有効活用した面接準備ができますよ。

重要事項を一枚のメモに簡単にまとめておくと良い

面接の待ち時間に一読して頭に入るように、一枚の簡単なメモにまとめておくことも大切ですよ。面接の待ち時間が発生したら、メモを待ち時間に見て、絶対に頭に入れておくべきことを再確認できるのです。そうすれば、いざ面接になって頭が真っ白で何も浮かばない、といったパニック状態は防げる可能性があります。面接の待ち時間を有効活用し、応募先と自分に関する重要なポイントを改めて確認しておきましょう。

面接待ち時間の有効活用②:シミュレーションをする

Man 426985 1280

面接の待ち時間は、「頭の中で面接のシミュレーションをする」と有効活用できます。応募先と自分に関する重要事項を確認したら、それを基に面接でのやり取りをイメージするのです。志望動機や自己PR、入社後にやりたいことなど定番項目が聞かれたらどう答えるかシミュレーションしましょう。

イレギュラーな質問も想定しておく

またそれ以外のイレギュラーなことを質問されたらどう対応するかなど、頭の中でシミュレーションをします。予め考えておいた対応の仕方を確認することも大事ですが、それに縛られ過ぎると不自然な対応になるので、臨機応変さも忘れないようにしましょう。いずれにせよ、面接前の待ち時間を無駄にせず、面接官を想定しながらやり取りをイメージしておくと、面接にスムーズに入っていけます。このように有効活用してみましょう。

面接待ち時間の有効活用③:社内の様子をチェックする

面接の待ち時間で重要事項を再確認し、面接のシミュレーションをするのもたしかに効果的です。ただそれだけでなく、余裕があれば「社内の様子もチェック」しておくことも有効活用になりますよ。お茶を持ってきてくれる従業員の態度は丁寧か、フロアの清掃は行き届いているか、職場は静かなのか騒々しいのかなど、短い時間でもわかることはいろいろあります。そこから、応募先の会社がどんな雰囲気で、従業員への教育やオフィスの管理がきちんとしているかといったことが想像し有効活用しましょう。

面接は会社を知る機会と捉えておく

面接官がいくら良い話をしても、実態がそれと違っていたら注意が必要です。面接は自分が相手から試されるだけでなく、自分が相手を知る場でもあります。いずれ自分が働くかもしれない会社だからこそ、待ち時間を有効活用し、できる限りチェックをしておきましょう。

面接の待ち時間は「メモの確認・シミュレーションで準備・社内のチェック」で有効活用しよう

面接の待ち時間を有効活用する方法でした。面接の待ち時間は頻繁に発生します。長くありませんが、できることはいろいろありますので有効活用してください。応募先と自分に関する重要事項を確認し、頭の中で面接のシミュレーションを行い、余裕があれば社内の様子もぜひチェックしておきましょう。短い時間を無駄にせず、ぜひ有効活用し、面接通過を目指してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職