仕事のスピードを抜群にあげる方法

仕事術, 効率化

仕事のスピードを上げるには

仕事ができる人は、作業効率も良く早く処理できる人が多い傾向にあります。仕事のスピードを上げる方法としては、その日に行う業務をしっかり把握し、一日の流れを全体的にイメージすることがポイントです。その日の会議やミーティングなどのスケジュールも含め、一日何をすべきなのかを頭に入れ行動することで作業効率も上がるでしょう。

その一方で、仕事ができない人は、作業効率が悪く一つ一つの工程に時間をかけ過ぎてしまう傾向にあります。一日の工程を把握できておらず、行き当たりばったりで、なにも準備ができていない状態の場合が多いため、仕事を始めるのにも時間がかかってしまいますし、仕事のスピードが下がってしまうのです。

ToDoリストやタスクリストを活用する

仕事ができる人は、仕事をこなすスピードも速い人が多いです。

予定や締め切りが決まっているものがあれば、ToDoリストやタスクリストを活用するのもひとつの方法です。業務を遂行する中で、忘れてしまうこともあるでしょう。その回避策として、一日のやるべきことをリストアップしてまとめておくことで、業務の忘れを防ぐこともでき、なおかつ作業効率もあがるでしょう。

わからないことは質問する

業務を行う中で、わからないことがあれば恥ずかしがらずに質問しましょう。勤務年数がいくら長い人でも、わからないことはあります。「30分は自分で調べてやってみる。」などのように自分で理解する努力もしつつ、それでもわからず理解できないのであれば、どんどん質問しましょう。2時間も3時間も相談できずに悩むのは、時間がもったいないだけです。自分の中でしっかりめどを立てて、効率よく仕事を行いましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月2日転職