移転祝いのメッセージを送るマナーとメール文例集

メッセージ, 移転祝い

移転祝いのメッセージを送るのは基本的なマナー!

Celebration 656531 640

事務所移転のご挨拶が取引先からメールで届くこともあります。その場合、返信をしてお祝いのメッセージを送るのが基本的なマナーです。お祝いの手段がメールだと長文になってしまう人もいますが、簡潔にお祝いの気持ちが伝えられた方が良いですね。

また、取引先からの挨拶を読んだから大丈夫、でなくて日頃の感謝の気持ちも込めてお祝いのメールを送りましょう。

移転祝いでメッセージを送る際のマナー

取引先、お得意先などがオフィスを移転した際にお祝いメッセージを送る場合のマナーにはどんなものがあるのでしょうか? 日頃お世話になっている相手ですから、移転祝いのメッセージは失礼のないように慎重に行いたいところですよね。

それでは移転祝いでメッセージを送る際のルールを見てみましょう。お祝いのメッセージですからミスのないようにしましょう。

移転祝いのマナー①:お祝いのタイミングを間違えない

移転祝いでメッセージを送る際のマナーとして、まずお祝いのメッセージを送るタイミングに注意しましょう。移転祝いのメッセージが当日に着くようにすると、引っ越しの真っ最中かもしれませんので、お祝いなのに逆に迷惑になってしまします。

お祝いのメッセージの準備は早めにしておいてもいいですが、到着するのは移転日の翌日当たりにしておいた方が無難でしょう。移転パーティーなどがある場合は、その日程に合わせてお祝いメッセージを送っても良いかもしれませんね。早い方がいいと焦らず、ゆっくり相手が読めるようなタイミングでお祝いのメッセージを送りましょう。

移転祝いのマナー②:お祝いが不要なケースもある!

お祝いメッセージを送るマナーとして、オフィス移転した際にお祝いの品物は送らないケースもあります。

例えば、相手先がお祝いの品物を受け取りを辞退している場合です。

場合によってはお祝いのメールのメッセージだけなら受け付けている可能性もあるので、確認しておいた方がいいでしょう。

また、事業縮小など業務悪化による移転の場合はお祝いのメッセージやメールは送らない方が良いとされています。この辺りの判断は難しいところがあるので、お祝いするかどうか悩んだら社長や上司の指示のもと慎重な対応をする必要があります。

移転祝いとして実際にメールを送る際のメッセージ文例

お祝いのメッセージを送る際のルールを見てきましたが、いかがでしたか? ビジネスマナーではオフィス移転した際、相手側に特別な理由がない限り、お祝いのメッセージを送った方がより良いようですね。

あまりない機会でしょから、移転祝いでは日頃のつき合いの感謝を伝えるチャンスでもあるのかもしれません。

N112 typewriter thumb 815xauto 14516

移転祝いに送るメールのメッセージ文例集①

移転祝いのお祝いメッセージを送る際の文例を見てみましょう。

●『事務所移転おめでとうございます。貴社、益々のご発展と社員ご一同様のご健勝をお祈り致しております。』

●『ご移転おめでとうございます。御社のご繁栄と社員皆様方のご健康を祈念いたします。』

●『新オフィスでの新たなご出発、心よりお祝い申し上げます。貴社の益々のご発展と社員ご一同のご健勝を祈念申し上げます。』

●『ご移転おめでとうございます。事業拡大に伴うオフィスの移転とのこと、心よりお喜び申しあげます。貴社のますますのご隆盛をお祈り申しあげます。』

これらが基本的なお祝いのメッセージの文例です。

移転祝いに送るメールのメッセージ文例集②

お祝いのメッセージの別バージョンも見てみましょう。

新事務所への移転おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。これを好機として、貴社がますます、御発展されますことを心よりお祈りいたしますと共に、今後とも一層の後引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

本来ならば、拝顔にて、ご祝辞を申し上げるべきと頃ですか、何かと多忙の折、本状をもちましてお祝賀を申し上げる次第でございます。

このお祝いメッセージは、先ほどの文例を組み合わせて改変した文例です。

お祝いの際には是非こちらも参考にしてみてください。

移転祝いのメッセージのコツ!お祝いメールは文例を参考にタイミングに注意!

移転祝いに相応しい「お祝い」のメッセージについて見てきましたがいかがでしたでしょうか? ビジネスマナーではオフィス移転した際、相手側に特別な理由がない限り、メールでもメッセージを送った方がより良いようですね。

あまりない機会でしょうから、日頃のつき合いの感謝を伝えるチャンスでもあるのかもしれません。今回紹介したマナーやメッセージの例文を参考に、ぜひお祝いメッセージを送ってみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス