入社前の課題として出題される読書感想文の書き方のポイント

入社前

入社前の課題とは

Book 419589 640

入社前に出される課題は、現状の新入社員の素養と実力、考え方を知るのにとても役に立ちます。学生時代に頑張ったこと、感銘を受けた人や言葉などについての小論文、そして指定された図書などに対する読書感想文などです。

読書感想文など、ものを書かせる事で文章力や文字の綺麗さだけでなく、その方の人となりや思考回路まで見えてくるのです。

入社する前の課題は研修の第一歩

入社する前に素養を知るなどと言われると非常に、緊張してしまいそうですが、まだ入社前(もしくは入社直後)ですし、会社としても特に優れた技能や社会人としてのレベルは求めていません。研修会の予習や研修の続きくらいの気持ちで考えて、今出来る限りのことをやってみましょう。文章を書く時はある程度の形式に沿っていれば、問題ありません。

読書感想文の課題では会社指定の本を読んで書く

会社から読書感想文の課題を出されるケースがあります。読書感想文というとまるで学生気分に逆戻りのイメージがありますが、入社前であることを鑑みて、書きやすいテーマとして出されていると推測できます。

ただし、読書感想文の課題となる本はビジネス書や、企業で出版した仕事に関連した内容のものも多くなるため、感想というよりもレポートに近いものとして扱う方が良いでしょう。

読書感想文を書きながら会社の理念や仕事を知ろう

会社から出された課題図書の中には、たくさんの仕事のヒントが隠されています。提出するべき読書感想文にも意味はありますが、その本の内容もきちんと把握しておいて損はありません。

会社の理念や役立つことなどが書かれているものが多く、その後の仕事にも活かせます。なので、読書感想文をしっかり書くためだけでなく、入社の準備としてもしっかり課題図書を読み込んでおきましょう。

読書感想文は敬語・漢字・形式をおさえた書き方がポイント

読書感想文とはいえ、社会人として立派なことを書こうとしがちですが、まず気をつけたいのがきちんとした文章が書けるかどうかです。人を惹きつける文章はかけなくても、ともかく文体には注意しましょう。敬語、漢字、形式などの基本は抑えた書き方をしましょう。

レポートとして体裁を整えると書きやすく読みやすい!

Newspaper 412452 640

読書感想文をレポートとしての体裁を整えると、内容も書きやすく、相手にも読みやすくなります。感想というよりも考えを書く事を意識しましょう。起承転結をきちんと分けて書くとわかりやすくなります。最初に要点を箇条書きで書き出したり、それに応じて自分の考えをメモしていくと考えがまとまりやすいでしょう。内容はたとえあまり濃くなくても、社会人として常識的なものであれば大丈夫です。

入社前の課題の読書感想文は文章に気をつけてレポートのように書くのがポイント

「会社に入社してまで読書感想文に悩まされるなんて」と頭を悩ませている方も多いのが、入社前後に会社から出される課題としての読書感想文です。実際にビジネス書などを読ませて感想を書かせるという課題は、入社前後に多く見られます。文章が得意な人もそうでない人も、ビジネスの文章の書き方を練習する最初のチャレンジだと考えて、想を練ってみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職