【海外転勤は無理!】断る際のまっとうな理由の見つけ方

海外転勤

自分の中に海外転勤を断る正当な理由を見つける

Office 227170 960 720

海外転勤を断るのは簡単ではありませんが、自分の中でどうしても海外転勤ができないという理由を見つけることはできます。

まっとうな理由であれば、会社側も仕方がないと認めて評価を下げられずに済む可能性もあります。

例えば、持病がある、飛行機や船に乗れないといった理由

海外転勤を断る理由として成立する自分の中の問題と言えば持病があります。持病があると、かかりつけの先生からの治療を受けなければならない場合もありますし、海外での治療が困難になる可能性もあるので海外転勤を断るまっとうな理由になるのです。

さらに、高所恐怖症で飛行機に乗れないだとか、船酔いがひどくて船に乗れないというのも海外転勤に行けない理由として認められる場合があります。

これらのポイントは、海外転勤に行きたいのだけれど自分の中に問題があって行けないということです。会社の命令に面と向かって背いたわけではないので、評価が下がらない場合があるのです。

自分以外で海外転勤を断る正当な理由を見つける

自分の中に海外転勤を断る正当な理由がないという人もいるでしょう。そういう人は自分の外に目を向けて、海外転勤を断るまっとうな理由を探してみるのが良いでしょう。 一番よくあるのが家族の問題ではないでしょうか。

例えば、親の介護問題、子供や妻の持病といった理由

親の介護問題に直面している人なら、海外転勤を断るまっとうな理由はすでにあると言ってもいいでしょう。親の介護がある場合は、介護ができなくなってしまうとアピールすればよいですし、環境の変化があるから海外には連れていけないといった内容を説明すればよいのです。海外転勤を断るまっとうな理由になります。

さらに、自分の持病が海外転勤を断る理由になると言いましたが、子供や妻が病気を持っている場合も同じようにまっとうな理由として認められる場合があります。

金銭的な問題も海外転勤を断る理由になる

海外転勤をする社員に手厚い手当をしてくれる会社もありますが、そうでない会社もあります。そういった会社の場合は、金銭的な問題で海外転勤ができないということをアピールするのも一つの手です。

例えば、2重生活で生活が困難になるといった理由

海外転勤によって2重生活になると、生活が苦しくなって大変だということを必死に伝えることで、会社としても海外転勤を見送らざるを得ないと納得してもらえる場合もあります。

海外転勤を断るならやむを得ないまっとうな理由を用意すべき

海外転勤を言い渡されるというのは、会社としても期待を込めている現れです。それを断るというのは出世をあきらめるという意味にもなりかねません。

なるべくなら断らない方が良いのは確かです。断る場合は、よほどの理由があるということを会社にわかってもらう必要があるので、誠心誠意伝えるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職