海外転勤になった際にオススメの英語挨拶・スピーチ術

海外転勤

海外と日本では好まれる挨拶・スピーチが異なる

Skyscraper 433844 640

海外転勤した際、英語で挨拶やスピーチをする機会があるでしょう。この際に注意したいのは、海外と日本では好まれる挨拶内容が異なる点です。

日本と同じように挨拶しても、海外では的外れでウケが悪いという結果になる可能性が高いです。頑張って英語を覚えても無駄になってしまいます。

海外で英語の挨拶やスピーチをするなら、海外で好まれる挨拶やスピーチのポイントを学びましょう。

謙虚さを含めた転勤の挨拶・スピーチは海外ではNG!

日本人特有の謙虚な一言は海外ではウケが悪い言葉です。日本では謙虚さは美徳とされていますが、海外では異なります。ですから海外転勤先で英語の挨拶をする際に謙虚な一言は言わないように注意してください。

例えば「まだ右も左もわからない若輩者ですが」という言葉は日本では当たり前の挨拶ですが、海外転勤先での英語挨拶、スピーチで発言すると「そう思うのなら早く成長しろ」と思われてしまいます。

海外転勤先で挨拶する際は自分ができること・得意分野をアピールしよう

海外赴任先での英語挨拶またスピーチでは、新しい職場で自分がどのようなことができるか、得意な分野などをアピールしましょう。最初の印象が非常に重要です。仕事に対して前向きな姿勢を示しましょう。はっきりと決意表明をすることが大切です。

英語の挨拶・スピーチで使えるフレーズ一覧

自分ができることや得意分野について言いたいときは、以下のフレーズが使えます。

■I am here for~

私は、~のためにここに来ました。

■I have some experience in~

私は、~の分野で多少の経験があります。

他にも、以下のフレーズは英語での挨拶、スピーチではよく使われます。覚えておきましょう。

■I am looking forward to working with you.

あなた方と一緒に仕事ができることを嬉しく思います。

■I hope I’ll get used to things around here quickly.

はやくここの生活に慣れたいと思います。

■I would appreciate your support until I get used to this organization.

組織に慣れるまでいろいろ支援していただけるとありがたいです。

海外の転勤先で使える!英語の挨拶・スピーチ例文

最後に英語の挨拶、スピーチ例文を紹介します。参考にしてください。誰かに紹介されてから英語で挨拶、スピーチをするなら、紹介者に一言お礼を言ってから挨拶を始めましょう。

英語の挨拶・スピーチ例文

Businessman 449927 640

【例文】

Hello everyone.

I am Taro Tanaka.So, please call me Taro.I am from the Tokyo head office.This is my first time in Los Angeles and my first overseas posting although I have 5 years service in the company.

I was in charge of overseas marketing.Although I don’t think I have to learn the ropes of doing business, my English is not so good yet.So, I will need help and support from all of you.

I am looking forward to working with you. My assignment will help in the growth of this Los Angeles office.

Thank you very much.

皆さん、こんにちは。私は田中太郎と申します。「タロー」と呼んでください。東京本社から参りました。ロスに来たのは初めてですし、会社に5年勤めて初の海外勤務です。

海外マーケティングの仕事をしていました。新たに仕事の勉強をする必要はないと思いますが、まだ英語はうまくありません。

皆さんの助けと支援をお願いします。

皆さんと一緒に仕事ができることを嬉しく思います。私の駐在がロス支社の発展に貢献できることを祈ります。

ご清聴ありがとうございました。

海外の転勤先で英語挨拶・スピーチをする際は謙虚なことは言わず仕事への意欲をアピールする!

海外転勤になった際にオススメの英語挨拶、スピーチ術について説明しました。

特に挨拶で奇抜なこと、インパクトのあることを言う必要はありません。英語に不慣れな人なら尚更です。

日本で挨拶、スピーチする際には必ず言う謙虚な言葉は延べないように注意してください。

海外の赴任先で、英語で挨拶する際は仕事への意欲や前向きな姿勢をアピールすると、好印象を与えます。自信を持って挨拶しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス