海外転勤についてくる妻のビザを取得する方法

ビザ, 海外転勤

海外転勤では妻は夫よりあとに現地入りするのが一般的

Gf01a201503140400

海外赴任・海外転勤が決まったとき、まずは夫が先に現地入りし、妻は追って現地入りすることが一般的なようです。

これには「まず夫が新しい国の生活環境に適応できるかを判断する」という目的があるようです。

もし夫が現地に適応できず帰国することになったら、妻の渡航費用など無駄な費用や手続きが発生してしまいます。

海外赴任で妻があとから現地入りするのは、いわば夫に試用期間を設けているようなものです。

妻は引越し準備やさまざまな手続きに追われる

海外赴任・海外転勤で妻もついていく場合、妻はさまざまな準備に追われます。

大変なのは引越し準備や転居手続きですよね。海外に家財道具を送る手配や、粗大ゴミの処理など海外転勤についていく妻には、やるべきことが山積みなのです。

健康保険は、夫は勤め先企業の被保険者であることが、継続されるのが一般的です。

それに対して、妻が現在の職場を退職して海外赴任についていくなら、妻は夫の被扶養者として手続きをしなくてはなりません。夫の勤め先企業が手続きを行ってくれるはずですが、加入している健康保険組合によって条件が変わるので、注意が必要です。

海外転勤についてくる妻のビザ取得方法

入国・滞在の許可を示すビザ(査証)は、その国の大使館および領事館が本国の規定にもとづいて発給するものです。

海外転勤の場合、夫がワーキングビザをとり、夫の扶養家族として妻のビザを申請することになります。ビザ申請・取得の手続きは、夫の勤務先や、旅行代理店などに依頼するケースが多いようです。

海外転勤に必要な就労許可(ワーキングビザ)の取得は、条件が厳しくなりつつあります。海外転勤についてくる妻のビザは、早めに申請・取得の準備をすることをオススメします。

Https   www.pakutaso.com assets c 2015 05 ms251 japanpassport thumb 1000xauto 15234

妻のビザ申請には査証申請書など多くの書類が必要

海外赴任についてくる妻のぶんも含めたワーキングビザの申請には、赴任先の国情などによっても異なります。

国によっては、無犯罪証明書や健康診断書などを求められる場合もあるようです。

海外転勤が決まったら、ビザに必要な書類について、旅行代理店や勤務先に問い合わせておくと安心ですね。

ワーキングビザはこれまで以上に厳しいガイドラインが

ワーキングビザの申請先は、その国の駐日本大使館または領事館のビザ取り扱い窓口です。

ただ、国によっては申請者の住居地を直轄する公館になることもあります。

ビザの申請・取得には厳しいハードルが設定されており、とくにワーキングビザについては、不法入国や不法滞在に伴う事件などが増えている為、より厳しい規制が設けられています。それにより、ビザ取得のトラブルも急増しているとのことです。

もし夫の勤務先で、妻のビザ取得の手続きをしてもらえない場合は、ある程度時間がかかることを見込んでおく必要がありそうですね。

海外転勤についてくる妻のビザは夫のワーキングビザから取得可能

海外赴任・海外転勤についてくる妻のビザは、夫の扶養家族として取得することが可能です。

しかし、ワーキングビザの取得は、年々条件が厳しくなりつつあります。それにより、ビザ取得のトラブル事例も増えているそうです。

海外赴任についてくる妻のビザは、夫の勤務先や旅行代理店に依頼するケースが多いようですが、申請に必要な書類は用意しなければなりません。早めに確認をして、準備を進めておくことをオススメします。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職