派遣社員の面接で気をつけておくべき服装マナー

派遣社員

派遣社員の面接はスーツ着用がマナー

Max voltage

派遣社員の仕事を探している時に、アルバイトをするような気持ちの人も多いです。しかし、派遣社員という立場はアルバイトとは大きく異なり、仕事内容は正社員に近いという事に注意しなければなりません。派遣社員の面接を受けるに当たっても、私服で臨むのではなく、きちんとスーツを着用して臨むようにしていないと、評価を下げてしまいます。

派遣会社への登録もスーツが原則

派遣社員として働くためには、最初に派遣会社への登録を済ませる必要があります。派遣会社に登録する際も、コーディネーターとの面接・面談を受ける事になりますが、ここでもスーツを着用するのが原則となっています。

ただし、派遣会社によっては服装について、私服を推奨している場合もあるため、あらかじめ派遣会社へ服装について確認しておくのが大切です。

面接では外見の重要性を知る

派遣社員に限らず、ビジネスの場面では服装などの外見も非常に重要です。第一印象で不利な扱いを受けてしまわないようにするには、スーツなどのきちんとした服装で相手と対面する事が必要です。

ビジネスの服装は、スーツが基本です。カジュアルな服装を指定されている場合を除き、服装はスーツを着用するように心がけていると、さまざまな場面で好印象となります。

私服でのアピールは説得力に欠ける

面接を受ける際に、スーツではなく私服で望む派遣社員も見受けられます。発言内容を聞くと、しっかりとした考えを持っている事が分かっても、私服で発言してしまうと説得力がありません。

正社員の場合に限らず、面接というのは特別な場であるのをわきまえ、スーツを着用しなければならないのです。スーツなど、服装がしっかり決まっていると、それだけで面接の説得力が増すのです。

派遣社員として就業したときの服装も考慮する

派遣社員の場合、就業する際の服装がカジュアルとされている場合があります。カジュアルな服装で勤務する企業の場合、面接を受ける際もカジュアルの方が望ましい場合もあるので、あらかじめ就業時の服装規定を、派遣会社へ確認しておくのをオススメします。

派遣会社の担当者は派遣先の状況を詳しく知っているので、服装に限らず不明な点を問い合わせてから面接に臨むと、面接を受けやすくなります。

150711079662 thumb 815xauto 19214

スーツに順ずるオフィスカジュアルもある

派遣社員として事務系の仕事をする場合、面接から就業時に至るまで、スーツを着用することが基本です。しかし、服装規定ではオフィスカジュアルと呼ばれるものもあります。オフィスカジュアルは、スーツとは若干異なり、ネクタイやジャケットを着用しない服装です。オフィスカジュアルで面接に臨む場合、中途半端な服装にならないように気をつける必要があります。

派遣社員の面接もスーツが基本!

派遣社員の面接で気をつけておくべき、服装マナーについて紹介してきましたが、いかがでしたか?派遣社員が派遣先企業との面接を受ける場合、服装はスーツを着用するのが基本となります。

派遣の仕事はアルバイトのようなものだと考えている人もいますが、それは大きな間違いなのです。派遣社員は、派遣先企業の正社員と一緒に仕事をする事になるため、その企業の雰囲気を壊さないように、正しくスーツを着用しなければなりません。以上のようなポイントをしっかりとおさえて、面接に挑んでくださいね。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職