派遣社員が契約途中で辞める2つの方法

派遣社員

派遣社員が契約途中で辞める方法①:派遣元に連絡

Business suit 690048 640

派遣社員が契約途中で仕事を辞める場合には、まずは派遣元に連絡することが大切です。派遣先との仕事の兼ね合いもあるから、そちらから先に連絡したほうがいいのではと思うかもしれませんが、派遣元に連絡しておいたほうが、途中で辞める方法などを事前に教えてくれることもあるので、まずは派遣元から連絡するようにしたほうがいいです。

派遣元の指示に従う

派遣社員が派遣元に連絡したら、ほとんどの場合、派遣先に申し出て大丈夫だったら別に構わない、という返答が来るはずです。ただし、それ以外にも、派遣元のほうから派遣先に連絡するということもあります。途中で辞めるその際には、派遣元のほうから、あなたが辞める時期と、次に派遣できる人間がいつから行くことができるかということも同時に伝えているはずです。そうしてもらったほうが、後の仕事の心配をしないでよいのですが、全ての派遣元がそうだというわけではありません。

派遣社員が契約途中で辞める方法②:次に派遣先へ申し出る

次に派遣先に申し出るようにしましょう。申し出る相手は、上司になると思いますが、派遣元からの指示で、直接人事の人間に申し出なければならないという場合もあります。

提出書類が必要な場合もある

派遣元からの指示により契約途中で辞める際には次に来る人間がいつから来るということを伝える必要があり、事前に派遣社員が派遣元から渡された退職願いを同時に提出しなければならない場合があります。そういうこともあるので、事前に派遣元に連絡しておくことが重要なのです。

迷惑が掛からないように途中で辞める際は1か月前には連絡しよう

会社の仕事の状況を見ると、途中で辞めると言ったら絶対に引き止められると感じ取れることがあります。多忙な業界である場合、あまりにも仕事が忙しく、一人でも辞めると現場が大混乱するというような状況になります。説得されると思わず、考え直します、と言ってしまうという人も多いはずです。迷惑がかからないようにせめて1ヶ月前には申し出るようにしましょう。

引き留められたときは家庭の事情や資格取得だと説明しよう

派遣社員として残ってほしいと要望があった場合、家庭の事情や資格取得のためだと嘘をついてしまうことも仕方ありません。それは嘘というより、立派な作戦です。そのような状況であれば、相手もあまり強く説得できませんので、すぐに辞めることができるはずです。

派遣社員が契約途中で辞める方法は派遣元派遣先に理由をたてて事前に連絡すること

派遣社員が契約途中で辞めるための方法をこれまで紹介してきましたが、物事には正しい順序があります。それを誤ってしまうと、周囲に迷惑をかけないように必ず守るようにしましょう。また、派遣社員として何の連絡もなく、契約途中で突然会社に行かないというような行為は、派遣先や派遣元に迷惑をかけることになってしまいますので、絶対にやめましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年3月2日ビジネス