派遣社員が不利な現実!保育園に預けるのが難しい問題について

保育園, 派遣社員

派遣社員だけじゃない!ただでさえ入れない保育園

最近はニュースでも保育園不足について取り上げられることが増えていますが、通勤範囲内のエリアには保育園に入りたくても入れない待機児童がとても多く、どこも悩みと種となっているのです。これは派遣社員に限りません。働く母親、働きたい母親にとって、子供が保育園に入れるかどうかというのは、本当に悩ましい問題となっています。

認証保育園はなおさら難しい

また、保育園にもいろいろと種類があり、認証保育園だったり、非認可保育園であったりなどいろいろとあります。非認可保育園のほうが入りやすいということはありますが、それですらキャンセル待ちというエリアがほとんどです。また、非認可の方が金額も高くなることが多く、収入の低くなりがちな派遣社員では厳しい、というのが現状でしょう。そういった意味でも、できれば認証保育園にと希望する人がとても多いのです。

派遣社員が不利な理由!認証保育園に必要な復帰証明書

こういった中で、認証保育園に入れたくても入れられないと悩んでいる派遣社員の人の声が多く聴かれます。派遣社員が保育園に子供を入れるうえで正社員より不利となる理由が、復帰証明書の存在です。

復帰証明書とは

この復帰証明書があるかないかで保育園に入れるかどうかが違ってきます。そして、それを取得する面で派遣社員はやはり不利になってしまうのです。この復帰証明書というのはたとえば、預ける時に4月から預けるのであれば、「4月からこの人は仕事に復帰する」ことを形で証明するための、会社から発行された書面になります。

正社員だと取得しやすい復帰証明書

この復帰証明書は、会社から出してもらう必要があります。正社員であれば、産休、育休を取り、また元の会社に戻る場合だと通常「復帰証明」を出してもらえます。これを保育園に申請する段階から取得できるので、保育園の応募も有利となるのです。

派遣社員だと取得のハードルが高く不利に

逆に派遣社員だと、この復帰証明を取得するのはハードルがあがってしまうのです。派遣社員は「4月から復職したい」と思っていても、派遣先が確定していないとなると、派遣元から出してもらえる証明書は「復職予定」の証明書となるのです。つまり、保育園を申請するときには、「予定」としてしか出すことができず、これだと保育園の審査段階において、派遣社員はどうしても不利になってしまうのです。

保育園激戦区では派遣社員はどうしても不利に

このように、派遣社員だと「復帰証明書」ではなく「復帰予定」の証明となってしまうのです。保育園に余裕があるエリアであればよいですが、保育園激戦区となると、これがどうしても不利になってしまうのです。そういった意味で、派遣社員はどうしても保育園戦争では不利であり、多くの派遣社員の悩み種となっているのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職