派遣社員が結婚式に招待する・される際の注意点

派遣社員, 結婚式

派遣社員が結婚式を挙げる際は職場の招待客を減らす

Zyou

派遣社員で結婚式を挙げる場合は会社への在籍期間が短いために、結婚式を挙げる際に招待客としてたくさん呼ぶというのは遠慮する方が良いです。特に親しい同僚以外であれば、結婚式を挙げると報告した上司に対しても招待していいか伺いを立てましょう。繋がりが薄い派遣社員の挙式に招待してもなかなか素直にお祝いできる人ばかりとは限らないからです。招待する人は慎重に吟味するのが大切です

結婚式=ご祝儀という風潮なので招待客は少数にする

これは派遣社員や正社員といったくくりは関係なく、結婚式に招待されることはご祝儀を包むという意味に受け取られることが非常に多くなっています。そのため、親しくない知人を招待することはご祝儀集めととられてしまうので避けたほうが良いのです。特に、派遣社員だと派遣契約との絡みもあるので立ち居振る舞いに問題があると受け取られることもあるので注意が必要です。

招待客で派遣社員を呼ぶ際にはトラブルもあり得る

トラブルが発生しやすいのが派遣社員を招待する場合です。やはり結婚式=ご祝儀という考えがある人が派遣社員だった場合には、正社員へのやっかみを出す人がごく一部ながらいるのです。その派遣社員と仲が良い場合や、同じ部署にいる場合には問題ありませんが、関係が薄い場合にはトラブルが起こることもあるのです。

結婚式の招待は人間関係を考えてから行う

結婚式で招待客の誰を呼ぶ、呼ばないということは、結婚式前の夫婦にとっては冷静に判断できないところがあります。しかし、立場上呼ぶ必要がある上司や絶対に呼びたい友人・同僚などを考えた場合に、人間関係がこじれないか考える必要もあるのです。特に雇用関係だけでなく立場の違いから誤解を与えてしまっては、せっかくの式が台無しになってしまいかねません。

普段のコミュニケーションが招待する人を増やすのに最適

ここまでの派遣社員だから、正社員だからといった結婚式でのトラブルが起こりうる話は普段から親交があれば起こらないことです。立場の違いということも、会社や友人関係でいざこざが起きないようにしていれば、全く考える必要がないのです。つまり、日頃からのコミュニケーションが重要になるのです。

事前の相談からも結婚式のトラブルは防げる

派遣社員は在籍期間が短くなりがちなのでどうしても対応が難しくなってしまいます。契約満了を直前に迎えていたり、派遣されてすぐの結婚式に呼ばれても招待された派遣先の社員は困るでしょう。そういったトラブルの芽は早めに摘んでおくのです。事前の相談に始まり、招待客に関しても信頼できる人に相談しても良いでしょう。はたまた職場関係以外の友人・親族だけでの結婚式も選択肢に入ります。

親交を深める気持ちがある派遣社員は結婚式に招待してもされても上手くいく

結婚式であれば無条件に祝福してくれるというのは誤りなのです。招待した方々に祝福してもらえるように自分たちでお膳立てをしなければなりません。その際には、派遣社員という立場をまずは捨てて、招待する側も招待される側も快く参加できるように手を打つのが社会人としてのマナーでもあるのです。派遣社員はどうしても難しい立場なので、誤解されないように結婚式では振る舞うことが一番の鍵なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス