派遣社員が正社員と良好な人間関係を築くためのコツ

2019年8月6日人間関係, 派遣社員

派遣社員は正社員の陰口は絶対に言ってはいけない

Cc library010008823

派遣社員では仕事をしていると正社員の中で嫌いな人や合わない人がいることは十分に想定されます。ここで絶対に注意していただきたいことは、たとえ派遣社員の間での会話であったとしても正社員の陰口を絶対に言ってはいけないということです。

正社員を敵に回すと居場所がなくなってしまう

嫌いな人間や自分と考えが合わない正社員の悪口を言って気持ちをすっきりさせたいという気持ちはよくわかります。しかし、派遣社員が正社員の陰口を言うことは良好な人間関係を保っていくうえでも大変リスクが高いと言わざるをえません。

人の口に戸をたてることはできませんので、派遣社員が陰口を言った内容はすぐに噂となってひろがります。さらに自分が言ったことがバレてしまうと正社員を敵に回してしまうことになるので職場に居場所がなくなってしまいます。陰口というものはまわりまわって本人の耳に入ることを肝に銘じておいてください。

派遣社員が正社員と良好な人間関係を保つためにも陰口を言わないことはとても大切です。

基本的に正社員には敬語で話す

派遣社員が正社員との良好な人間関係を保つために、判断に迷うことの一つに敬語の使い方があります。自分の上司や先輩には敬語をつかうことは当然ですが、自分より後から入社した後輩の正社員や新入社員にまで敬語で話すべきかは人間関係を構築する上で気を付けなければいけない問題です。

後輩でも正社員には敬語を使っておけば問題ない

年下の正社員にまで敬語を使うべきかは社風にもより、絶対という答えは存在しませんが敬語をつかっておけば間違いはありません。派遣社員はあくまでも派遣されて仕事をしている立場なので勤務している職場の正社員にため口で話すことはあまりお勧めできません。

ため口でもいいという許可をもらえれば問題ありませんが、何も指示がなければ基本的には正社員全員に敬語で話すべきです。

派遣社員が正社員と良い人間関係を保つために敬語で話すこともとても大切な付き合い方です。

派遣社員として期待以上の仕事をする

正社員は派遣社員に対してどのくらいのクオリティの仕事をやってくるかの期待値を持っています。派遣社員は正社員から依頼された仕事の成果の期待値を超え続けることで簡単に正社員との人間関係はよくなります。正社員は高いレベルの仕事をやってもらえる派遣社員をとても大切にしますし、良い人間関係を保とうとしてくれます。

与えられた仕事+アルファの仕事をこなせば正社員との良好な関係に繋がる

派遣社員は時間内に与えられた仕事を単純にこなして帰社するのではなく、つねに自分が与えられた仕事+アルファの付加価値を正社員に提供しようとすることがとても重要です。

正社員は自分の仕事で精一杯で余裕がありませんので、派遣社員の仕事のクオリティが高いと正社員の仕事を手伝うことができます。どんどん正社員の仕事を手伝うことによって人間関係は良くなっていくのです。

与えられた時間内に最大限の仕事をすることが派遣社員と正社員との人間関係を良く保つための付き合い方です。

派遣社員が正社員に対して陰口を慎み敬語を使い与えられた仕事+アルファの働きをすることで良好な人間関係を構築できる

派遣社員は正社員とうまく人間関係を築いて仕事をしていくことは難しいことではありません。良い人間関係を保ち続けることによって自分の仕事もやりやすくなります。派遣社員は人間関係が難しい?正社員との付き合い方を参考に正社員とともに良い人間関係を保ってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK