職場で人間関係のトラブルを起こさない方法と起こった際の対処法

2016年11月29日人間関係

職場で人間関係のトラブルが起こる原因とは

Hand 819279 640

職場での人間関係のトラブルに、頭を悩ませる人も多いことでしょう。職場は、集中して業務を行わなければならない場所です。人間関係にばか気をとられていたのでは、いい仕事はできませんね。

コミュニケーション不足による誤解がトラブルを引き起こす

職場の人間関係がこじれる原因のひとつに、コミュニケーション不足による誤解から、関係がギクシャクしてしまうということも多くあります。日ごろのコミュニケーションは、適切にとっておかないと誤解を生むことにもなりかねません。

例えば、同じ対応をした二人の社員がいるとします。同じ対応をとられた、あるいは助言をしただけなのに、日ごろからコミュニケーションをとっていなかったせいで悪く取られて誤解を招き、その後の関係が悪くなってしまったということもあります。

日ごろから関係が悪いと、ちょっとしたミスが起きただけでも大きなトラブルになり、職場にいずらくなってしまうといった事態にもなってしまうことがあるのです。社内でのコミュニケーションは、とても大切なのです。

人間関係のトラブルを起こさない方法はコミュニケーションをとること

「日ごろからコミュニケーションを」と言われると、できないとか、時間がないと考える人も多いのではないでしょうか?

同じ職場で働いている全員と長々と話をしなければならないわけではありません。簡単なことでは、挨拶などの声賭けで十分なのです。

挨拶や相手を思いやる声かけは効果的!

職場の苦手な人、親しくない人には、あまり挨拶事態をしないという人が多くいます。関係は良くなりませんし、気まずい関係もそのままの状態で維持されることになるのです。

普段の挨拶のほかに「大変な業務でしたね。」「こんなにたくさんの量を一人で行ったのですか?お疲れ様です。」などの、相手を思いやったような声かけはとても効果的です。

コミュニケーションを重ねることで人間関係は築かれる

人は誰でも自分を気遣い思いやってくれる人には好感を持ちます。好感を持つと、次第に今度は自分から相手に声をかけようとしてくるのです。そういった小さな積み重ねの中から次第に職場での人間関係が築かれ、仕事以外の話もできるような関係になったりするのです。

自分のミスが原因で人間関係が悪くなった場合の対処法

業務上でミスをしてしまい、そのことが原因でほかの社員に迷惑をかけてしまったという場合なども、職場の人間関係がこじれてしまう原因になります。気まずくなったからといって状態をそのまま放置しても、事態は一向に改善しません。逆に迷惑がかかったことを全く認識していないとか、どうでもいいと思っているなどの誤解を招き、さらに関係が悪化してしまうこともあります。

改善のために自分から行動して周囲を味方につける

そうならないためにも、まずは自分から行動を起こすことを考えましょう。具体的には自分から相手に話しかけるなどの行動になります。相手は知らん顔をすることもあるかもしれませんが、そういった態度は周囲の人間も見ています。相手もいつまでもそういった態度はとりずらくなります。

一生懸命に声か消しているあなたの様子を、周囲の人間も次第にバックアップするようになるのです。周囲のこともうまく味方につけることができ、相手の気持ちも次第にほぐすことができるようになります。

トラブルによって人間関係がこじれたら自分から謝るべき?

トラブルの元になった事柄のいきさつがどうであれ、最初に行動を起こし、仲直りしようとしたほうが勝ちです。謝ったら負けというようなことを考える人が多くいると思いますが、人間関係を上手に保つ人こそ、自分から行動し、先に謝ってしまう人が多いのです。

解決のためには自分から先に謝ろう!周囲から高評価を得られる

人間関係においての勝者は、先に行動して謝ったほうです。職場での人間関係はそのトラブルになった人とあなただけの二人の関係ではないからです。周囲にはたくさんの仕事場の人間がいます。何かトラブルが起きた時には、それがどういった方向で解決されるのかを、興味を持って見ています。

お互いに意地をはり、無視しあうようなことをしていると「あの二人はお互いに頑固だ」という評価になります。どういった原因があるにしろ、そういった評価しかされないのです。逆に、積極的に解決しようと動いた人がいたとすれば「あの人は素直」だとか「誠実だ」という評価を得られます。

トラブルを起こした相手と仲直りできない場合には

どんなに一生懸命会話をして、仲直りしようとしても無理な相手もいます。こういった場合には、無理やり相手との会話をしようとすると、逆にしつこいとか、自分の意見ばかり通すなどの印象が強くなりますので、やめましょう。

仕事で成果を出して自分を認めさせるしかない

Japan 217878 1280

そういったときには仕方がありません。対処法は仕事で成果を出し、認めてもらえるよう努力するだけです。当初は無視したりという状態が続くかもしれませんが、努力し成果をあげていれば、相手もいつまでもそういった態度を示せなくなります。

周囲の人間も相手に「もうやめたらいいの」にと忠告をするようになったりもします。そうすれば、相手も仕事上は関係をうまく保たなければなりません。後は元の関係になるのも時間の問題となるわけです。

周囲が面倒だと思う業務を積極的に取り組むなど、見返りを求めないサポートは人の心を大きく動かすきっかけともなります。あきらめずに、まずは自分で行動することが必要になります。

職場ではコミュニケーションをとって人間関係を円滑に!トラブルは自分から動いて解決しよう

職場で人間関係のトラブルを起こさない方法と、起こった際の対処法について説明しました。

人間関係のトラブルを起こさないためには、日頃からのコミュニケーションが大切です。この場合のコミュニケーションとは、長々と会話をするのではなく、挨拶や声かけをするという意味です。コミュニケーションが苦手という人でも簡単にできます。自分から挨拶をすると自信がつきますので、試してみてください。

職場で人間関係をこじらせてしまったら、自分から行動して解決に努めるべきです。相手の謝罪を待つのではなく、自分から動くことで周囲の人にも好感を与えます。職場でのトラブルは長引かせるべきではありません。早期解決を目指してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK