サービス介助士の持つ役割と試験合格後の注意点

サービス介助士

サービス介助士はなぜ必要?

A

まずは、サービス介助士がなぜ必要なのか、見ていきましょう。人は、最終的に自立して生活できるようになるため、教育機関で適切な教育を受けます。そして社会で自立して働いて、少しずつ老いていくものです。年をとって老いれば、その分体の機能も衰えていきます。そのため、人によっては介護が必要な状態になってしまうのです。

高齢者や障害者の不自由ない環境作りのため

現代では、介護業界がある程度発展しています。そのため、1人で生活するのが難しい状況になったとしても、民間の介護サービスを利用すれば、普通の日常生活を送るのが可能です。また、民間だけでなく国も福祉に力を入れており、高齢者の人々が不自由なく生活できる環境作りを行っています。その環境作りの一環として、介護を行うサービス介助士が求められているのです。

サービス介助士の仕事内容に魅力を感じる人は多い

介護を受けたいと考える人がいれば、高齢者や障害者を介護したいと考える人も存在します。介護サービスの提供は非常に社会貢献度が高いため、その点に魅力を感じて介護業界にチャレンジする人は多いのです。では、サービス介助士について、具体的に説明していきます。

百貨店などのサービス業関連の場においてアシストを行う

サービス介助士とは、障害者や高齢者の人々がきちんと行動できるように、色々なアシストをする人です。訪問介護を行うホームヘルパーとの違いは、仕事をする場所にあります。サービス介助士の場合、百貨店やホテル等、サービス業関連の場所においての仕事が基本となっているのです。では、そんなサービス介助士の試験について、見ていきましょう。

サービス介護士になるには試験への合格が必要

サービス介助士になるには、試験に合格して資格を取得する必要があります。これは、2級・準2級・3級に行われる試験です。試験内容は級位によって異なっていて、2級だと50問の筆記試験などが挙げられます。ただし、級位によっては検定試験を受ける前に、指定の講座や実技講習会の修了、課題の提出等が必要まため、注意しましょう。

試験へ合格した後は3年ごとに更新を行う

試験に合格してサービス介助士の準2級及び3級になった後に、更新は必要ありません。ただし、サービス介助士の2級については、3年単位で更新が必要です。仮に期限までに更新手続きをとらなかった場合、資格が失効となり、試験を受けた意味がなくなってしまいます。また、更新料は有料であり、消費税込みで2,160円です。試験を受けた意味をなくさないためにも、しっかりと把握しておきましょう。

高齢者や障害者の不自由ない環境作りを行うサービス介助士は試験合格後も更新が必要

社会に存在する高齢者や障害者を支える意味では、サービス介助士の存在が重要となります。そのため、介護業界に興味がある人は、ぜひサービス介助士の試験を受けてみてください。サービス介助士になるには、検定試験以外に多くのステップをクリアしなければいけません。たった数日で取得できる資格ではないので、しっかりと把握して、試験準備に臨みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職