サービス介助士の仕事内容から見る就職先での必要性

サービス介助士

高齢者や障害者の安全な生活を手伝うのがサービス介助士

Treatment 1327811 1920

サービス介助士とは、高齢者や障害を持つ人などが社会で安全に過ごすために、いろいろな手伝いやサービスを提供できる技術を身につけた人のことです。サービス介助士は、国家資格ではなく、NPO法人日本ケアフィットサービス協会が認定している民間資格となっています。現在、就職の際に必要となるような求人はほとんどありません。

ニーズは高まっている

サービス介助士は、外出先などで高齢者や障害を持つ人が安心に便利に過ごす手伝いをするのが仕事です。サービス介助士の資格の取得を必須としている求人はそれほどありませんが、サービス業などに就職をかんがえているのなら、取得しておいて損のない資格でしょう。駅やデパート、ホテル、病院、レストランなど様々な場所でニーズがあります。

サービス介助士と介護士とでは就職先が違う

サービス介助士と混同されやすい資格は介護士やホームヘルパーなどです。介護士やホームヘルパーは高齢や病気、ケガなどによって身体が不自由な人が日常生活困難な人の生活を支援するのを仕事としています。介護士やホームヘルパーは介護、サイービス介助士は外出先での介助をメインとしていることがの一番大きな違いです。高齢者や身体の不自由な人を相手にする仕事ですが、就職先は違います。

就職に有利とはいえないが取得していた方が印象は良い

サービス介助士の資格を必須としている求人はそれほど多くありませんし、それほど就職の際に有利に働く資格とはいいがたいです。しかし、サービス介助士を取得していれば、様々な場面で役立つため、就職先の企業からのイメージは良くなるでしょう。

サービス介助士資格は難易度が高くない

サービス介助士の資格はそれほど難易度が高くありません。通信講座と12時間程度の実習を経て、検定試験を受けて合格すると得られる資格です。2~3ヵ月程の勉強期間があれば合格することができます。資格取得が容易ということは、あまり就職の際に大きく役立つ資格ではない一面があるのを忘れないようにしましょう。

就職に役立つのはホームヘルパー2級

サービス介助士は必ずしも就職にとても有利になる資格とは言えません。しかし、サービス業への就職を目指しているのなら、より質の高い仕事をすることができるでしょう。また、直接的に就職に役立てたいのなら、同じような難易度ではホームヘルパー2級の方がおすすめです。サービス介助士は就職よりもボランティアの場で重宝される資格です。

高齢者などの安全な生活を手伝うサービス介助士は就職に有利とはいえないが持っていると印象は良い

サービス介助士は、高齢者や障碍者などの人がホテルや駅、デパート、銀行などの出先で安心して便利に過ごせるようにするのが仕事です。サービス業への就職を考えているのなら、おすすめの資格といえるでしょう。資格を取得する難易度はそれほど高くありませんが、それゆえに就職に直接的に役立つとはいいがたい面もあります。しかし、質の高い仕事ができるようになるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職