危険物取扱者の主な仕事内容と必要となる職場

危険物取扱者

危険物取扱者は素人では扱えない化学物質を扱える人

Construction workers 549086 1280

危険物取扱者とは、ガソリン・灯油・軽油・エタノール・ニトログリセリンなどの素人が扱ってはいけない危険物を取り扱える人です。他にも流黄・赤りん・過酸化水素・硝酸といった危険物を取り扱った仕事内容をするには、危険物取扱者がいなくてはいけません。危険物取扱者の仕事内容を行うには、資格が必要となっています。

仕事内容をこなすには国家資格の取得が必要

そんな重要な危険物取扱者の仕事内容をこなすには、国家資格が必要となります。危険物取扱者の試験は、各都道府県の消防試験研究センターや東京の中央試験センターで受験できるでしょう。危険物取扱者には3種類の資格の分類がなされており、種類によって仕事内容も異なってきます。

・甲種危険物取扱者

全ての種類の危険物の取扱いとその危険物が一定数量ある場においての立会いが可能となる。

・乙種危険物取扱者

数多くの危険物の取扱いとその危険物が一定数量ある場での立会いが可能となる。

・丙種危険物取扱者

ガソリン、灯油、軽油などと言った危険物(石油類)の取扱いが可能となる。

危険物取扱者の主な仕事内容は保管場所の保守・点検

では具体的に危険物取扱者の仕事内容を確認していきましょう。主な仕事内容として、保守・点検があります。危険物を取り扱う現場では、危険物取扱者がその危険物を保管している場所の保守・点検を行わなくてはいけません。危険物取扱者の仕事内容は単に危険物を取り扱うだけではなく、二次災害に繋がるような事態を防ぐ必要があるのです。危険物取扱者の仕事内容には、管理も含まれることを覚えておくと良いでしょう。

危険物の運搬も重要な仕事内容の1つ

危険物取扱者の仕事内容には、運搬も含まれます。例えばガソリンや軽油なども日本では危険物として扱われており、それらを運搬するのも危険物取扱者の仕事内容なのです。危険物によっては、運搬の方法を間違えると大変な事態になります。タンクローリーなどがその最たる事例となり、タンクローリーで軽油やガソリン等の危険物を運搬する時には必ず危険物取扱者が同伴、ないし運転しなければいけません。法律でも決まっているので、重要な仕事内容として覚えておきましょう。

危険物取扱者は危険物を取り扱う・製造・保管する職場に必要

上述した危険物取扱者の仕事内容は、どんな職場において行われているのでしょうか。それは、まずは危険物を「実際に取り扱う場所」「危険物を製造している場所」「危険物を保管している場所」だと言えます。万が一危険物の取扱いを間違えてしまうと、大惨事につながってしまうでしょう。したがって、こういった職場には必ず危険物取扱者が必要です。

工場・ガソリンスタンドなどでは必要不可欠

危険物取扱者の仕事内容には、主に保守・点検、運搬があります。これらが必要となる職場は、化学に類する工場やガソリンスタンド、タンクローリー、危険物貯蔵倉庫会社、石油関連の施設などだと言えるでしょう。危険物を取り扱う現場では、上述したような仕事内容をこなせる危険物取扱者が必要なのです。危険物に該当する物が一定数量ある場合における場所なら必ず危険物取扱者が必要となるので、覚えておきましょう。

危険物取扱者の主な仕事内容は保守・点検や運搬であり危険物を取り扱う職場に必要

危険物取扱者の仕事内容は、保守・点検、運搬だと言えます。危険物取扱者は、危険物を取り扱う、製造、保管する職場で必要不可欠です。誤った危険物の取扱は、二次災害を引き起こすので重要となります。危険物取扱者になるには、資格が必要となるので、しっかり勉強して合格しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職