危険物取扱者を取得する難易度とそのメリット

2017年1月16日危険物取扱者

危険物取扱者はガソリンや灯油などを取り扱える資格保有者

Construction workers 549086 1280

危険物取扱者とは、ガソリンや灯油などと言った危険物を取り扱うための国家資格取得者です。難易度も種別によって様々であり、誰でも受験できます。専門の高校生や危険物取扱者が求められる職場の方は、ぜひ取得しておくと良いでしょう。難易度によっては、就職やスキルアップに役立ちます。

難易度が低い順から丙種・乙種・甲種の3つがある

危険物取扱者には難易度が低い順から丙種、乙種、甲種があります。まずは、難易度が低い丙種から取得すると良いでしょう。難易度が低い丙種でも、ガソリンスタンドの就職には必要です。また、乙種以上であれば、本格的な石油会社の就職で有利になります。そういった職場への就職などを考える方は、難易度を考慮して危険物取扱者試験に挑戦してみると良いでしょう。

危険物取扱者丙種・乙種の難易度はそこまで高くない

一般財源法人 消防試験研究センターの公開しているデータによると、危険物取扱者の難易度に関しては甲種が一番高くなっています。丙種と乙種は受験資格がない上に難易度は低いので、勉強さえすれば合格できるでしょう。合格率も5~6割ほどの難易度です。しかし、甲種には受験資格があり、合格率は30%程と難易度は高くなっています。甲種を受けたいなら、乙種4種類以上取得すると良いでしょう。危険物取扱者は難易度を知った上で、受験してください。

最新の参考書と問題集を使った対策がおすすめ

危険物取扱者の試験を申し込んだら、難易度に合わせて勉強を行いましょう。全て選択問題なので、テキストと問題集を使って対策を進めます。法律の改正も試験では出題されるので、最新の参考書を購入した方が良いでしょう。問題集と過去問をひたすら解けば、傾向がつかめます。難易度に合わせて計画的に進めましょう。

危険物取扱者の甲種はキャリアアップにも有効

危険物取扱者は国家資格であり、取得しておくと職場で評価されるでしょう。難易度にもよりますが、乙4種より上の難易度なら職場によっては評価されます。乙4種以上だと、ガソリンスタンドでは管理者となれるレベルです。また、甲種はさらに難易度は高くなるので、キャリアアップにも有効だと言えるでしょう。

難易度によっては就職する際に評価される

危険物取扱者は高校生が受験する場合も多いです。高校生なら、丙種と乙種を取得しておくと就職に有利となるでしょう。乙4種以上ならガソリンスタンドなどへの就職もできるので、役立ちます。難易度は高いですが、高校生でも甲種を持っていれば職場から重宝される人材となるはずです。就職などにも役立てください。

危険物取扱者の難易度は種別によっては低いが甲種の取得はキャリアアップに有効

危険物取扱者は、難易度の低い順から丙種、乙種、甲種があります。取得の難易度は甲種以外そこまで高くありません。甲種を取得すると、キャリアアップにつながるので挑戦してみると良いでしょう。試験は選択式なので、参考書と問題集を使って勉強する方法がおすすめです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK