パワーポイント(MOS対応)試験の気になる難易度

2017年1月16日MOS, パワーポイント

MOSとはMicrosoft Officeのスキルがあることを証明する資格

Macro 1854102 1280

MOS資格とは「Microsoft Office Specialist」の略称です。マイクロソフト社が開発した、Microsoft Officeの一定以上の技術があることを証明する資格になります。Microsoft Officeには以下の5種類があります。

・ワード(文書作成)

・エクセル(図表作成、プログラミング)

・パワーポイント(プレゼン用資料作成)

・アクセス(データベース)

・アウトルック(メール)

これらの資格には難易度があり、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級者)があります。ただし、エキスパート(上級者)があるのは、ワードとエクセルのみです。スペシャリストと名前がついていますが、レベルとしては一般的な難易度になりますので、独学で合格する方も多いです。

パワーポイントは操作が比較的簡単で資料作成・プレゼンができる

パワーポイントは主に、プレゼン用の資料作成に使われます。もちろん、資料作成だけでなく、そのままプレゼンをすることも可能です。テンプレなどが充実していますので、適したもの

を選び、画面の指示に従ってテキストを流し込むだけで簡単にできるでしょう。プレゼンでは、スライドショー形式でできます。

操作が比較的簡単で、資料作成からプレゼンまで使えるという理由から、パワーポイントを導入している企業は多いです。

パワーポイントは比較的簡単に取得できる

中でもパワーポイントはエクセルやワードに比べて、簡単だといわれています。エクセルやワードは非常に用途が広く、使い方も様々なため、レベルを分けて明確にスキルの有無の線引きをしています。また、受験者が他よりも多いという理由からも、パワーポイントが比較的簡単だといわれているのでしょう。

学生時代にパワーポイントで発表資料などを作って、実際にプレゼンした経験がある人も多いでしょうから、最初からある程度使いこなせる人がいるのも一つの理由です。基本的な機能をどれだけ使いこなすことができるかということが大事なのです。

ちなみに、一番難しいといわれているのがアクセスです。専門的な知識が必要になるため、中途半端な勉強では受からないでしょう。

パワーポイント(MOS対応)試験の難易度はエクセルやワードよりも比較的簡単になっている

ここまで、パワーポイント(MOS対応)試験の難易度についてみてきましたが、いかがでしたか。中には学生時代などに使った経験があり、独学で資格取得する方もいます。基本的な機能をどれだけ使いこなすことができるかということを問われます。エクセルやワードと比べると簡単だといわれていますので、スキルが仕事でも活かせるようにパワーポイント(MOS対応)資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK