インドネシア語を習得していると就職で有利になる理由

2016年11月29日インドネシア語

インドネシア語が就職に有利な理由①:ライバルが少ない

Speak 238488 1280

インドネシア語は、ライバルが少ないのが現状です。というのも、インドネシア語を学んでいる人が少ない点が、就職に有利になる理由です。インドネシア語は、英語や中国語にくらべると明らかに学んでいる人が少ないといえます。学んでいる人が少なければ少ないほどライバルも少ないということになりますし、自分たちの希少価値も上がっていきます。ですから、インドネシア語ができるのは就職に有利であると言えるのです。

仕事に活かすならプラスアルファの能力も必要

ただ、希少価値が出るような言語であるということは、同時にそれだけ就職の武器としてアピールするには、少し弱い部分もあります。ですから、インドネシア語をさらに就職に有利にするなら、インドネシア語が出来る以外に、仕事に対しての武器を何か1つ持っていた方が良いでしょう。そうすればより、インドネシア語が就職に活きていきます。

インドネシア語が就職に有利な理由②:日系企業が多い

日系企業が多い面から見ても、インドネシア語が話せると就職には有利になると言えます。ですから、インドネシア語が話せる人材も、そういう企業での需要が高いと言えるのです。そういう企業への就職活動では、インドネシア語が話せない人よりも明らかに話せる人の方が印象は良くなるでしょう。

インドネシアに進出する日系企業が増えている

今現在すでにインドネシアには日系の企業の進出が進んではいますが、これからますます進むと予想されています。インドネシアは経済発展も著しいと言えますし、資源なども豊富なので、進出するには持ってこないなのです。向こう10年はどんどん進出していくでしょう。こういった将来的な面からも、インドネシア語の習得は就職に有利と言えます。

インドネシア語が就職に有利な理由③:現地での的確な指示が可能

インドネシア語が話せるのは、それだけ現地のインドネシアで現地の人たちへの指示などが的確にできるということです。的確な指示ができれば、それだけ信頼関係が築きやすくなりますので、現地での重要度は増していきます。だからこそ、そういうインドネシアに進出している企業への就職ではインドネシア語が出来る人が重宝されるのです。

早い段階で学んでおくとより有利になる

そこまで需要が高くない今の段階で学んでおくのが、インドネシア語を就職に有利にするためには最適だと言えるでしょう。どうしても需要が強まって、人気が出てきてから勉強し始めるのでは、スキルが足りなくなりがちです。インドネシア語を就職で有利に使いたいなら、早めに勉強を始めておきましょう。

インドネシア語はライバルが少ない反面日系企業の進出が盛んなため就職に有利

以上、インドネシア語が就職で有利になる理由についてのご紹介でした。インドネシア語は、今もこれからも就職には有利だと言えるので、学んでおいて間違いなく損はないでしょう。しっかりと時間をかけてレベルを高めてください。そして、それを上手く活かしてよりよい就職が出来るようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK