派遣社員が最後の出社日に行う挨拶のポイント

派遣社員, 退職

最後の出社日に行う挨拶のポイント① 心をこめて

Panchi

当たり前の話になりますが、派遣社員として最後の出社日に挨拶をする場合にはしっかりと心をこめて退職の挨拶をしてください。「どうせ退職するし」「最後の出社だし」と適当に挨拶をすませる人が中にはいます。

感謝の言葉は忘れずに

どのような事情で退職するにしても、できれば派遣社員としてその派遣先で働けたことに対する感謝の気持ちを挨拶の言葉にしたいものです。社内の人への感謝かも知れませんし、働いたこと自体への感謝かもしれません。

「人と会う・何かをする」というのは、それだけで何かしらの感情を生みます。その中には、多少の「感謝」も含まれてはいないでしょうか。それを、言葉として最後の出社日に挨拶をする際には伝えるようにしましょう。

最後の出社日に行う挨拶のポイント② お菓子などを直接渡し感謝を伝える

派遣社員といえど、その会社で一緒に働いてきた人へは「感謝」したいことが多くあると思います。そんな人たちへ、最後の出社日に挨拶をする際には、直接お菓子などを配りながら「お世話になりました、本日で退職します」と挨拶するというのも良いです。

人数分を必ず用意する

よくある話ですが、退職する際の挨拶で菓子折りを持って1人1人に挨拶にまわっていると「数名分足りない」なんてことがあります。これは非常に失礼にあたりますので、必ず菓子折りなどを用意して退職の挨拶をする際には、事前に人数を確認しておきましょう。

最後の出社日に行う挨拶のポイント③ 場合によっては一斉メールもアリ

最後の出社日に、全員の前で挨拶する余裕や時間がないという場合、全員宛てに退社の挨拶メールを送るという事があります。

職場の大きさや、働いていた時の職場全体との関係にもよりますが、やはり派遣社員として少しでも同じ会社で働いてきてた人たちには挨拶をしたいもの。場合によっては一斉メールもアリです。

定型文で作成した内容は✖︎

Keyboard 338507 640

こちらはよくある話でもありますが、派遣社員として働き、最後の出社日に一斉メールを送る際に、明らかに定型文の内容を送るのは避けましょう。

以前働いていた人が退職の挨拶メールを送った内容をそのままコピペして貼り付け、一斉メールを送る人がいます。

エピソードを盛り込みましょう

たとえ短くても、派遣社員として会社で働いていてば、何かしらその会社内でのエピソードはあるはずです。たとえば、「入社してすぐのときは、お手洗いの場所すらわからず、迷惑をかけてしまった」など。その人にしかないエピソードを入れると、印象が良いですよ。

派遣社員が最後の出社日に挨拶をする際には心をこめて

派遣社員が、最後の出社日に行う挨拶のポイントを紹介しました。派遣社員の場合、数年でその職場を離れるという場合もあります。それでもやはり退職の挨拶は必要です。

感謝の気持ちを込めて自分なりの挨拶をしましょう。退職したあの人の挨拶は良かったな、と誰かの心に残るかも知れません。最初でも最後でも、挨拶はとても大切であるといえます。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2016年11月29日転職