派遣社員が仕事を休む場合の正しい連絡方法

派遣社員

休む場合は早めに連絡するのが最低限のマナー

Gf01a201502010700

では、ここで派遣社員が仕事を休む場合のビジネスマナーを守った正しい連絡方法について、早速紹介していきますが、一つ目として、早めに連絡するというマナーがあります。これは派遣社員関わらず、社会人として基本的なマナーですので、絶対におさえておきましょう。

原則として、労働者には仕事を休む権利がありません。労働契約に基づいて、所定の労働日には出勤しなければならないのです。しかし、体調を崩してしまった場合など、どうしても仕事を休む必要が生じることもあります。

学生であれば、体調が悪いことを理由に学校を休むことが普通ですが、社会人の場合は、できるだけ出勤する努力をしなければなりません。

早めに休む連絡があればスケジュールなどを工夫することができ支障が出ない

仕事を休むことにした場合は、早めに派遣先への連絡をする必要があります。連絡が遅れてしまうと、出勤することを前提に仕事の調整が行われることになり、他の従業員に多大な迷惑がかかってしまいます。特に派遣社員はちょっとした不手際も契約解除といった致命的な事態を招きかねません。

早めに休む連絡があれば、他の人だけで仕事を進めていくように、スケジュールなどを工夫することができるようになります。

派遣社員の場合は派遣会社への連絡も必要

Boy 666803 640

正社員などの直接雇用の従業員は、勤めている企業に連絡を入れることになります。

しかし、派遣社員の場合は違います。勤めている企業への連絡も当然必要なのですが、登録している派遣会社に対しても連絡をしなければなりません。派遣社員は、仕事を休む際に2箇所への連絡が必要なのです。基本的には、勤務先への連絡を先に済ませ、派遣会社へは後から連絡を入れます。

派遣社員として休む場合の連絡先を確認しておく

仕事を休むことに決めてから連絡先を確認するのでは遅すぎます。特に、体調不良による欠勤の場合、連絡先を調べたりする余力もないのが普通です。

日頃から、派遣社員としてどこに連絡を入れれば良いかを確認しておき、いざという時に慌ててしまうことがないように気をつけることが大切です。事前に準備を済ませておくことは、社会人としての基本です。

仕事を休む際は早めに連絡を!派遣社員は派遣会社と派遣先に伝える

派遣社員は、派遣会社と派遣先企業の2箇所との関係があります。仕事を休む場合は、派遣会社と派遣先企業の双方に連絡を入れなければなりません。

体調不良が原因の場合、連絡をすることが大変ですが、仕事を無断で休むようでは社会人として失格です。休むことに決めた時点で、速やかに派遣先企業、派遣会社に電話を入れるようにします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日ビジネス