春闘と秋闘における労働組合の関係性

春闘, 秋闘

専従職員がいる労働組合がある企業以外では秋闘は行われない

Gf01a201503240600

春闘より秋闘が注目されないのははっきり言って給料面での交渉をしていなからです。ほとんどの労働組合の組合員は、熱心に労働組合の活動に参加しているわけではありません。そのような組合員にとって、現在の労働環境の改善はほとんど微々たるものでしかなく、給料面で劇的に影響がなければ気にかけるようなものでもないからです。また、専従職員がいる労働組合のしっかりしている企業以外では、春闘に比べて秋闘すら行わないことがほとんどです。

今では労働組合も秋闘には興味を持たない

秋闘では労働環境や福利厚生面での交渉を行いますが、現在では各種の法整備によってほぼすべて一定の法規制がされています。労働組合を持っているような企業であれば、法に則った労働環境の整備は既に済んでいるところがほとんどです。そのため、労働組合自体秋闘の時期に労使交渉をしようと考えるところも少ないのです。

秋闘は細かな要求をすることが多いので企業側との対立が生まれやすい

春闘や通常の労使交渉でストライキとなることもありますが、秋闘でもストライキになる例もあります。特に、今でも労働組合の活動が活発である鉄道系や医療系では労働環境の改善を求めてのストライキを行う例もあります。春闘とは違い、秋闘では細かな要求をすることが多いので、企業側との対立が生まれやすかったり溝が埋まらず交渉が決裂することもあるからです。

秋闘だからできる要求もある

秋闘では、春闘の際には後回しにされがちな福利厚生などの細かな要求を行うのが通例です。これらの要求の中には、職場の細かいルールや労働場所といった企業側には受け入れがたい要求も含まれることが多くあります。場合によっては冬季ボーナスを要求することもあり、秋闘ならではの要求を労働組合が行います。

労働組合自体が形骸化している

このように春闘とは違う秋闘でも労働組合の出番はありますが、近年では労働組合そのものが形骸化しつつあるところが多く機能を十分に果たしているとは言えません。労働環境の整備などでは交渉するような余地が少ないのも理由の一つです。

労働組合への不信感抱いている

労働組合という存在そのものに不信感を抱いている組合員や社内外の人間が多くなっているのも労働組合が形骸化した理由に挙げられます。春闘と違い秋闘で交渉内容に挙げられるものの多くは組合員にとって大きな利益となるものが少ないにもかかわらず、労働組合に協力する必要があったりストライキを行うなど理解を得にくいためです。労働組合そのものが弱体化した理由も、過激化や暴徒化を経て社内外の人間に愛想をつかされ理解を得られなかったためでもあるのです。

秋闘では春闘と違い福利厚生や労働環境改善の要求をするが効果があまりないのが現状

春闘と違って秋闘の時期になって労働組合の会報などで春闘とは違い秋闘をしていたということを初めて知る人も少なくありません。それどころか、春闘でなく秋闘をやって得られた成果はほとんどないということもしばしば。現在ではやる意味があるのかすら怪しい労使交渉に見えてしまうこともあります。ですが、労働環境を改善したり福利厚生面の要求をしたり、といった意味があるのだと考えて、春闘だけではなく秋闘を見守ってみてはいかがですか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職