アルバイトをクビになった圧倒的な理由【対策あり】

アルバイト, クビ

クビになりやすいアルバイトは飲食業や営業販売など

Coffee shop 1149155 960 720

どのアルバイトもクビになる可能性が一律して同じというわけではありません。業種ごとに大きな違いがあります。より安定的に働きたい人はアルバイト先を選ぶようにしましょう。

例えば、失敗を重ねてしまった理由でクビになる回転率の高い飲食業や、業績次第でクビになる向き不向きが如実に出てしまう営業販売などはクビになる確率が他のアルバイトに比べて高いでしょう。

一方、個人経営のお店や警備員などはクビになりにくい

一方、クビが少ないアルバイトは、探し方次第でいくらでも見つかります。個人経営のお店、単純作業が多いアルバイト、警備員などの肉体労働者がクビになりにくいアルバイトの良い例です。滅多なことでもしない限り、辞めさせられたりは少ないので、クビが怖い人はこういったアルバイトを選んでみるのもひとつの手です。

アルバイトをクビになる理由①:試用期間の低評価

Person 801823 640

アルバイトをクビになるケースとして一番多いのが試用期間中のクビです。大抵のアルバイトの雇用契約書には試用期間というものが定めてあり、この期間中であればクビもしやすくなっているのです。期間は3ヶ月が標準的ですが、明示的にこの期間が示されない事もあるので、契約書を確認する時には注意が必要です。

試用期間のクビを乗り切るにはやる気と努力が大事

このアルバイトの試用期間は、あなたが使えるかどうかを試す時期ですから、この試用期間さえ乗り切ればクビの可能性はグッと低くなってくるのは確かです。試用期間中は評価の目も厳しいです。ここが正念場と思ってやる気を見せて下さい。また仕事を覚えるために精一杯努力して下さい。こうした姿はアルバイト先でも評価されるのでクビも免れるはずです。

アルバイトをクビになる理由②:店長との不仲

アルバイトのクビの決定を握るのは店長もしくは管理人といったことが大半です。このキーパーソンが何を望んでいるのかを押さえる事が大事です。多少失敗をしてもシフトに多く入れる人であれば大変重宝されますし、逆に仕事が有能でもシフトに思ったように入れないと使いづらいとしてクビにされる可能性もあります。クビになる理由は店長との関係性も大いに影響します。

店長・同僚・先輩との人間関係は良好に保とう

Giraffes 627031 640

このように人間関係はクビには大きく関係してきます。店長と関係を悪化させると、それだけでクビの理由になってきます。また、同僚や先輩との人間関係も大事で、これを強化しておくと店長もクビにしづらくなります。上手くアルバイトで手抜きをしている人ほど、こういった人間関係で保っている人が多いのです。クビにされたくない場合は、アルバイト先での人間関係を良好に保ちましょう。

アルバイトでクビになる理由は試用期間の低評価と店長との不仲にある!

アルバイトがクビになる理由と対策についてまとめてみました。アルバイトでネックになるのがクビの恐怖ですよね。クビが怖い人は、クビになりにくい仕事を選ぶと良いでしょう。

またクビになった理由として一番多いのが試用期間の低評価です。ここでやる気と努力を見せつけることが、試用期間でクビにならない秘訣です。

さらに、店長との不仲もクビになる大きな理由です。アルバイト先では、店長は勿論ですが、同僚や先輩・後輩との人間関係を良好に保つこともクビにならないための対策です。きちんと実践してクビを防ぎましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職