入社後の感想文を書くときのポイント

選考対策

入社直後の感想文を書くポイント①否定的な内容は書かない

Adult 15814 640

入社後の感想文を書く一つ目のポイントは、課題感や問題提起など、否定的な感想を書く事は避けた方が良いという点です。

なぜならば、不要なトラブルや、早い段階でのキャラクターイメージの固定化を避けたほうが良いためです。そのため、入社後の感想文では否定的な内容を書かないことがポイントとなります。

入社直後では判断しきれない内容を感想文で書くのは危険

企業は、入社直後には見切れないような実情や、社風や人間関係を含めたいろいろな事情を抱えている場合が多いものです。そのため、入社直後では判断しきれないような内容、特にネガティブな要素をそのまま書くのは、その後の会社生活の中でのリスクになり得てしまいます。実情を掴むまでは、感想文を書く際には、ネガティブ要素に言及するのは避けましょう。

入社直後の感想文を書くポイント②入社の前後のイメージを伝える

感想文を書く際の二つ目のポイントは、入社の前後で変わった会社に対するイメージについて書く事です。感想文に記載するのに無難で、なおかつ諸先輩方に訴求できる要素として、「入社前後のイメージ差異に言及する」のというのがあげられます。ここでもネガティブな言動などは避けて、「イメージ通りのよい環境」であるとか、「思ったより過ごしやすい」等、将来に目を向けた、ポジティブな内容を書くのがポイントです。

感想文では、入社時の挨拶文を書くようなイメージを

感想文を書く際のポイントとして、まずベースに「入社時の挨拶文を書くようなイメージで書き進める」というのを心がけて書くと、とても書きやすいです。基本的にはポジティブな内容を書き込むというポイントを押さえつつ、感謝や指導依頼等をにじませておくとベターです。

入社直後の感想文を書くポイント③今後の抱負を含める

それから、感想文の中には「今後の抱負を含めておく」のもポイントです。今後もこの企業で精進する所存であると伝えるとともに、企業に貢献する用意があると伝える効果があります。抱負を伝えることで、将来を見据えて、積極的に業務に携わって活動していることの意思表示にもなるので、このポイントも覚えておくといいでしょう。

感想文に書く際には、先輩への配慮を忘れない

Document 428331 640

また、先に述べたように、入社して間もない時期は、まだまだ先輩社員に指導して頂く必要がある時期でもあります。このため、お世話になる諸先輩方への配慮をしておくのもポイントです。自部署の直属の先輩や、ライン上の上長に対しても配慮しておくと、これから仕事をしていくための環境を作っていくことにもなりますので、是非感想文に書いておきたい内容です。

入社直後の感想文は「挨拶文や入社の所信表明に近い」と捉えるのがポイント

このように、入社直後における感想文のポイントは、基本的には「入社時の挨拶文や所信表明に近いものである」と覚えておけば良いでしょう。通常、1ヶ月~3ヶ月程度の期間では、なかなか企業環境を把握できるものではありません。

このため、感想文に書く際には、入社直後に近いイメージを思い浮かべた内容を書くように心掛けて作成すると、問題なく感想文を仕上げることができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス