転職面接の「いつから働けますか」の質問に隠された意味

選考対策

「いつから働けますか?」という質問は合否に関係ない

Imp 1056718 960 720

転職における面接で「いつから働けますか?」という質問をされた場合、その質問の意味とは一体、なんなのでしょうか?「いつから働けますか?」と聞かれたら、8割内定を確信してもいいという人もいます。

しかし、実際のところ「合否に直接かかわってくるわけではない」というのが実情のようです。「いつから働けますか?」と聞くぐらいなので、まったく見込みがないわけではないはずですが、この質問をされても不採用になった人は大勢います。面接で「いつから働けますか?」と聞かれたら=内定という思い込みはやめたほうが賢明でしょう。

ただし、詳細なスケジュール確認は内定の可能性が高い

面接で「いつから働けますか?」と聞かれただけでは、内定の可能性が高いとは言い切れません。しかし、もし会社のオリエンテーションや研修の日程など、詳細なスケジュールの説明があったら、内定を期待してもいいかもしれません。

ただし、全員に説明しているだけの可能性もありますので、確実とは言えません。ここで間違えた回答をしてしまうと、悪い印象を持たれ、採用が白紙に戻ってしまうケースもありますので、回答には十分に注意しましょう。

「いつから働けるか」と聞かれたら?ベストな回答方法とは?

Graduation 879941 640

転職の面接で、採用担当者が「いつから働けますか?」という質問を投げかける以上は、基本的には採用前提で考えていると思っていいでしょう。もちろん、いつから働けるかと聞かれたからとって、採用になる可能性が100%とはなりませんが、それに近い可能性であるのは間違いありません。

しかし、入社可能日があまり先になってしまうと、あまりよろしくありません。なぜなら、その間に別の有能な応募者が現れてしまうかもしれないからです。転職面接で入社可能日を聞かれたら、あくまでも「前向きに考えている」という認識で捉えて回答するのが吉です。

ベストな回答例は「明日から働けます」

面接での「いつから働けますか?」の質問に対して、ベストな回答は「明日から働けます」という熱意あふれる回答でしょう。ただし、そんなやる気はあっても、前職の引継ぎがあったり今すぐには勤務できない場合も多いですよね。

そんなときは、確実なもっとも早い時期を答えること。内定がほしいからと早い時期を答えても、できないことを伝えてしまったら、先方に迷惑がかかるだけです。焦る気持ちはわかりますが、確実に勤務が開始できる時期を伝えてください。

面接で具体的な日にちを伝えられれば好印象に

転職で内定をもらうのであれば、「いつから働けるか」という質問に対して、もちろん「明日からでも構いません」と答えられるのがベストですが、どうしてもそうはいかない状況である場合の方が多いはず。そんな時は、面接を受ける前にあらかじめ、実際いつから仕事が出来るのかを明確にしておきましょう。履歴書などに入社可能日の記載欄があれば、そこに正直に書くのが好印象に繋げるコツです。

面接で「いつから働けますか?」と聞かれない…

Boy 666803 640

「いつから働けますか?」という質問は、通常、転職の面接では聞かれる内容です。ただ、聞かれない場合は、どんな可能性があるのでしょうか?いくつか考えられることを挙げてみました。

「いつから働けますか?」と聞かれない=不採用の可能性も

やはり、一緒に働きたい人には、「いつから働けますか?」と確認されることが多いようです。転職の面接では、早めに入社できる人が有利になる場合が少なからずあるためです。

そんな中で、「いつから働けますか?」と聞かれないということは、不採用の可能性が高いと考えたほうがいいかもしれません。

ただし、入社を急いでいなければ聞かれないケースもある

しかし、「いつから働けますか?」と聞かれない場合であっても、もしかしたら、単純に聞き忘れであったり、それほど入社を急いでいない可能性も考えられます。

また、履歴書には大概、希望勤務開始日を記載するものなので、あえて知っている情報は質問しなかったということもあるかもしれません。確率は低いですが、聞かれない場合、このような可能性もないわけではないでしょう。

面接で「いつから働けますか?」=内定の可能性大!聞かれないからと言って不採用ではない

転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれたら、採用の可能性が高いでしょう。しかし、転職の面接で「いつから働けますか?」という質問をされることは、結論からいうと、内定を期待してもいいわけではありません。具体的な日時を伝えてたところで、不採用になることも多いようです。

聞かれない場合は、さらに内定の可能性が低いことは覚悟しておいたほうが良さそうです。ただし、こちらも内定の可能性が低いだけであって、聞かれないから不採用とあきらめてしまうのは早いかもしれません。面接での「いつから働けますか?」という質問には、もっとも早い確実な時期を伝えることだけは、覚えておいてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年11月2日転職