「当職」という言葉の意味と使い方

当職

「当職」の意味は弁護士などの一人称のこと

C

「当職」の意味は、弁護士などの一人称になります。つまり、弁護士などは、私や自分、あるいは僕や俺と言った言葉の代わりに「当職」という言葉を用いているのです。ですので、特別難しい意味はないと言えるでしょう。では、弁護士の他にはどんな方が使う一人称なのでしょうか?

司法書士や弁理士なども「当職」を使う

弁護士の他に「当職」を一人称の意味として用いるのは、弁理士や司法書士になります。弁理士や弁護士、司法書士に対して似たような職種というイメージがある方は多いでしょう。ですので、なんとなくどういう方が「当職」を用いるのか分かると思います。この傾向から見るに、一般的な会社員は使わない言葉です。

一般的な会社員が使うと意味がきちんと通らなくなる

「当職」を一般的な会社員が使うと、その正しい意味を知らないと思われてしまうでしょう。当職の正しい意味は、あくまでも弁護士や弁理士、司法書士の一人称という意味です。ですので、一般的な会社員が使うと、その意味がきちんと通らなくなります。会社員として接しているのに弁護士などの一人称を用いていたら、明らかに変に思われるでしょう。

一般的な会社員なら「当職」はあまり用いらない方がいい

「当職」を、一般的な会社員が無理して用いる必要はありません。意味も通らないですし、頭を良く見せようとしていると思われてしまうでしょう。ですので、無理して用いらない方が良いのです。「当職」に限らず、こうしたちょっと難しい雰囲気のある言葉は、用いる場面やステータスを考えなければいけません。

「当職」には文字通りの「この職業」という意味もある

「当職」を一般的な会社員が用いても、意味が通る瞬間があります。それが、本来の意味とは別の意味で当職という言葉を使った際です。当職という言葉は、一般的には弁護士や司法書士などの一人称ですが、呼んで字のごとく、この職業という意味もある言葉なのです。ですから、「この職業」について説明する際には、誰でも使えます。

職業の問題点について説明をするシーンなどで使う

では、そういう意味の当職は、どのようなシーンで使っていけば良いでしょうか?「この職業」という意味の当職とは、その職業の問題点について説明するシーン等で使う事が出来ます。たとえば、ある1つの職業についての説明をしながら「当職の問題点は、労働時間が長くなりがちな点です」などの使い方をするのです。それならば正しい意味で、かつ、誰でも使う事が出来るでしょう。

弁護士や司法書士などの一人称を表す「当職」はこの職業という意味や使い方も出来る

以上、をご紹介しました。当職の意味としては弁護士や司法書士などの一人称という意味が一般的で、使い方としてもそういう人たちの一人称として使われる場合が多いです。しかし、読んでの通り「この職業」という意味もあるので、そういう言葉の代わりとしての使い方もあるでしょう。参考にして、正しく取り扱ってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年11月2日転職