面接で問われる「仕事を通じて実現したい事」に対する適切な処理

選考対策

「仕事を通じて実現したいこと」は転職や就活で聞かれる質問のひとつ

Book 690340 1280

転職や就活において、試験や面接などで「仕事を通じて実現したい事」や「仕事を通じて達成したい目標」について質問を受ける場合があります。これは、よくある質問のひとつになりますので、きちんと対処できるように準備をしておいたほうが良いでしょう。この質問では、様々なことが試されます。周りの志望者と同じでは意味がありません。例挙げていきますので、それを基に自分の答えを見つけていきましょう。

「仕事を通じて実現したいこと」は入社後のやる気を聞き出す質問

Office 594132 1280

転職活動をしていると、エントリーシートや履歴書・職務経歴書、面接などで「入社後の抱負」について答えなければなない機会があります。また会社によっては、応募書類とは別に「仕事を通じて実現したいこと」「仕事を通じて達成したい目標」といったタイトルで文章を作成して提出を求める場合もあります。普段考えなければ、即座に答えるのは難しい質問なので事前に対策しておきましょう。

一度は紙に書き出してみることが大事

「キャリアゴール」には短期的・長期的な目標がありますが、面接前に手帳に例を書き出してみるとよいでしょう。最初はメモで構いません。下記の例を参考に書き出してみましょう。

・仕事でどういう自分になりたいか

・10年後はどういう風に働いていたいか

・社会的にどのくらいのレベルに到達したいか

この例のような内容を書き出すことで、文章をまとめておくと、対策ができます。

将来のビジョンや達成したい目標は仕事を通じて実現したいことの例

Route

仕事を通じて実現したいことの答えの例としては下記のようなものが挙げられます。

「社会に貢献したい、他人や地域に奉仕する仕事がしたい」

「多様な価値観に触れて自分を高めたい」

「40代までに〇〇という仕事をするための土台をつくる期間として必死で働くだけではなく人脈をつくりたい」

「自分にとって働く目的とは他人と協力をしながら目標を達成するのが楽しいから」

自分が入社後に達成したい目標、将来的に成し遂げたいビジョンなどは、参考にできる例でしょう。

「お金」を目標の中心にするのは避けた方が良い

仕事を通じて実現したいことを考える時に、例えば「本音としてはお金を貯めたい。お金を貯められたら仕事は何でもよい」という人も少なくありません。しかし入社の応募書類や面接で「お金」を目的にするのは避けたほうが良いでしょう。その会社に関心がなくてお金だけにつられて応募してきたようにしか見えません。例に挙げるとしたら、「会社の売り上げや利益を○○円」「○○%にする」といった具体的な数値にした目標を掲げた方が、面接などで印象はよくなるでしょう。

「仕事を通じて実現したいこと」を考えるには応募会社に詳しくなる必要がある

入社の選抜試験で「仕事を通じて実現したいこと」を語れたら、自分が他の応募者よりもその会社に詳しい、その会社の事業内容を詳細に知っている、その会社の事業を自分ならもっと発展させられるという印象づけにつながります。その会社でなくてはダメだという熱意を伝えるためにも、「仕事を通じて実現したいこと」「仕事を通じて達成したい目標」を考えるのは面接の対策としても有効です。上に挙げた例を参考に自分がどうしたいのか考えてみましょう。

企業サイトなどで徹底的に情報収集することが大事

入社したいと思う会社について詳しければ詳しいほど、その会社の採用担当の目には優秀な人材に映る可能性があります。例だけでなく、最低でもその企業がつくっている企業サイトの内容を参考にして、面接に挑むと良いでしょう。仕事を通じて実現したいことを語る際には、なるべくその会社の事業や主力サービスの発展の延長上にある目標を語るのと、好印象を与える可能性があります。

「仕事を通じて実現したいこと」は応募会社を徹底分析し一度書き出して面接に挑もう

「仕事を通じて実現したいことは?」面接でいきなり聞かれてもすぐに答えるのは簡単ではありません。入社後の抱負や自分の将来的なビジョンは一度紙に書き起こしてまとめてみるのがおすすめです。仕事を通じて実現したいことは例を参考にしたり、会社ごとに企業サイトなどを読んだりして、面接に臨みましょう。仕事を通じて実現したいことが明確なほど面接でもこれから仕事をしていく上でもきっとプラスになりますよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職