ビジネス文書検定の難易度とおすすめの試験対策

ビジネス文書検定

ビジネス文書検定は社会人としての文書作成能力を測る試験

Person 801823 1280

ビジネス文書検定は、社会人としてビジネスで使用される正しい定型文や表現を用いた文書作成能力を測る試験であり、実務技能検定協会が実施しています。ビジネス文書検定は、ビジネスで頻繁に使用される言い回しなどを習得し、社内外の文書作成や文書の正しい扱いに関する知識や技能の向上といった目的があると言えるでしょう。ビジネス文書検定は1~3級まで難易度別に試験が実施されており、受験資格に制限はありません。それぞれの難易度は高いのでしょうか。

社内文書やビジネスメールを作成する職場で役立つ

仕事でビジネス文書を頻繁に作成する事務職などでは、社内外へメールやビジネスレターの送付の機会も多いため、ビジネス文書検定で習得した知識を活かせるでしょう。適切な表現方法で礼儀正しいビジネス文書が作成できることも社会人の1つのスキルであり、どこの会社でも必要なスキルであるため、ビジネス文書検定を取得しておくと仕事への自信にも繋がります。

ビジネス文書検定試験は表記・表現・実務の3つが出題される

ビジネス文書検定の試験内容は、表記技能、表現技能、実務技能の3つの範囲から出題されます。表記技能はビジネス文書の書式や用語の正しい使い方について問う内容です。表現技能は、相手が読みやすく正確な文書作成能力を測ります。実務技能は、社内外への文書作成能力と文書の適切な取り扱いに関する知識を問う内容です。2級と3級は選択問題ですが、1級は実技として文書作成が試験問題に加わるので難易度が高くなるでしょう。受験する試験の難易度に合わせて、対策を行う必要があります。

3級は簡単だが2級以上から難易度が高くなる

ビジネス文書検定の難易度と合格率を級別に確認していきましょう。また、難易度ごとにどれほどのレベルが求められているのかも確認してくと良いでしょう。社会人であれば2級以上の取得が望ましいです。

【3級】

合格率:85.4%

人からの指示に沿ってビジネス文書が作成できるレベル

【2級】

合格率:58.4%

2級はビジネス文書の知識をもとに自分で文書を作成できるレベル

【1級】

合格率:28.5%

1級はビジネス文書の知識や技能を人に指導できるレベル

難易度に関わらず問題集を繰り返し解く対策が効率的

ビジネス文書検定は2級以上から難易度が高くなります。対策としては、問題集を繰り返し解く方法がおすすめです。問題集を活用しながら過去の出題傾向を把握し、試験の難易度に関わらずビジネス文書に必要な正しい用語を覚え、文書を作成する実践的な練習を行うといいでしょう。用語に関しては、時候の挨拶などパターンや言い回しが決まっているものをしっかりと覚える必要があります。用語に関しては難易度に関わらず暗記が中心となるでしょう。

難易度の高い1級は時間を計測して実技対策を行う

ビジネス文書検定の1級は、選択問題に加えてビジネス文書作成の実技問題もあるため、難易度が高いです。実技問題では、与えられた文書内容を適切な用語や表現を用いて社外文書に仕上げるという内容になります。実技ではパソコンで文書を作成するので、普段からパソコンでの文書作成に慣れていると良いでしょう。また、制限時間内に文書を作成できるように時間を測りながら文書を作成する練習をしておくこともおすすめです。

ビジネス文書検定は2級以上から難易度が高くなるが問題集を繰り返し解く試験対策をしよう

ビジネス文書検定は、社会人に欠かせないビジネス文書作成能力を測る検定試験です。事務職などの仕事をしている方であれば、社内外へのメールやビジネス文書の送付の機会も多く、ビジネス文書検定を取得しておくことでスキルアップにも役立ちます。ビジネス文書検定は難易度別に試験が分かれているので、一般的なビジネス文書の知識や技能を習得していると判断される2級以上の取得が実用的だと言えるでしょう。ただし、2級以上は合格率が下がるのでしっかり対策しなければいけません。問題集を繰り返し解く対策が効果的だと言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス