気象予報士を目指す人におすすめの勉強法

2017年1月16日気象予報士, 資格

気象予報士の試験は年に2回行われている

C

気象予報士の試験は、気象業務支援センターにより年に2回行われています。この回数を多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、つまり年に2回、気象予報士の資格を得るチャンスがあるのです。目指す人にとって、この試験は必ず合格したいものでしょう。以下では、気象予報士を目指す人におすすめの勉強法を見ていきます。

気象予報士になるための勉強法①:参考書を読む

気象予報士を目指す人が試したい勉強法として、まずは参考書を読むことが挙げられます。気象予報士を目指すなら、関連知識を身に付けなければいけません。特に気象予報士を目指す人の多くが利用している参考書が、小倉義光(著)の「一般気象学」です。初心者でも読みやすく試験内容にも対応しているので、人気の参考書だといえるでしょう。

気象予報士になるための勉強法②:過去問を解く

次の勉強法として、過去問を解くことが求められます。気象予報士の試験では実技の分野がありますので、実際の天気図を見て問題を解く力も必要です。その際に過去問をどのくらい解いたかという部分は、とても重要となるでしょう。実際に過去問を解いて見なければ、実践力は身につきません。自分に合ったテキストを選んでから、勉強に取り組んでください。

気象予報士を目指すなら良い参考書を読んで過去問をひたすら解こう

以上、気象予報士を目指す人におすすめの勉強法をご紹介しました。気象予報士になりたい方は、まず参考書を購入して関連知識を身に付けていきましょう。そして、ある程度の知識がついたのなら過去問を繰り返し解いて、試験対策を行っていくことがポイントとなります。年に2回しかない試験ですので、絶対にこのチャンスは逃したくないですよね。ぜひ、本ページでご紹介した勉強法を基に、気象予報士を目指してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK