転勤が多くて結婚できない人の恋人の作り方

2017年1月16日転勤

転勤族で結婚できない人の特徴とは

転勤だらけで結婚できない方には特徴があります。転勤族だからといってもちろん結婚してくれる恋人もいますし、転勤が大きなマイナスにはならないのですが、転勤が多く結婚ができない方の中には色々と理由をつけて結婚相手を探そうとしないタイプがいます。

転勤族にありがちなタイプ「受動的なプライベート」

転勤族で結婚できない人の特徴が、受動的なプライベートである点が挙げられます。転勤の多さを理由にしたり、仕事の忙しさを理由にしたりして、そもそも恋愛すらしないのです。こういったタイプは転勤族であるなしに関わらず結婚は決してできないでしょう。転勤が多いから、という理由付けで奥手になっていては結婚できないのです。

転勤が多くても結婚できない訳じゃない!

どうせ転勤が多いから結婚できないと諦めてしまう前に、積極的に動いてみましょう。転勤族の場合、2~3年で次の職場へ転勤というケースも珍しくありませんから、限られた時間を使って結婚を成功させるアプローチしていかないといけません。うまくアプローチできないと、いつまでたっても結婚できないかもしれませんよ。

街コンや官公庁主催の合コンを活用しよう

転勤が多いからと、受動的なプライベートを過ごしていると、いつまで経っても結婚できないものです。そのため転勤族なら、その街の街コンや合コンなどに積極的に参加してみましょう。特に関東圏であればこういった街コンも色々なところで開かれており、困ることはありません。過疎地などでは官公庁主催で合コンなども開かれており是非活用していきたいものです。

転勤先の女性社員にアプローチするのもアリ

転勤が多い転勤族でも結婚したいなら、転勤先の社員にアプローチするのもアリでしょう。社内での出会いをうまく活用できるなら、転勤は逆に結婚相手を見つけるメリットともなりますし、実際に転勤の多い方は場合にはこういった転勤先の社員を伴侶にしているケースが多いのです。

遠距離恋愛になってもめげない

転勤族が転勤先で恋愛をしても、その多くが次の転勤で遮られてしまうというのが転勤族の悩みの種でもあります。いつもいいところで次の転勤が来て駄目になってしまったという経験をした転勤族は多いでしょう。こういった悲劇を起こさないためにも遠距離恋愛になってもいいよう、準備は怠らないようにすべきです。地道に遠距離恋愛で絆を重ねた結果結婚にいたる転勤族も多いという事実は忘れてはいけません。

転勤族でも結婚できないわけじゃない!女性社員にアプローチしよう

転勤が多い人、いわゆる転勤族の悩みのひとつが結婚できないという事柄です。しかし、これは個人の行動で何とかなる可能性が高です。積極的に少ないプライベートタイムを使っていかないと結婚できないところが転勤のない社員との違いでしょう。大都市ならば街コンへの参加や過疎地なら官公庁主催の合コンイベント等に参加し、交流を深めるとともに転勤先の社員にもアプローチしていくのをオススメします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK