内定先に転職後の勤務地について交渉するときのポイント

転勤

転職の内定先における勤務地の交渉は慎重におこなう

Gahag 0009091686 1

内定先で希望する勤務地に配属されても、その後転勤が言い渡されるケースもあります。全国転勤がある会社に就職したのなら、言い渡された勤務地は命令であるため従う必要があるといえるでしょう。勤務地の交渉については、そこを踏まえたうえでおこなうことが大切です。転職活動の段階で転勤について説明を受けていたとしたら、企業側も柔軟な対応を期待していたことが予想されます。

勤務地にこだわるときは企業を納得させる理由が必要

Af3821622bb8df2f

勤務地の交渉をおこなうとしたら、企業を納得させる理由が必要です。「地元がいいから」「通勤が楽だから」といったような理由では、企業を説得させることはできません。仕事に対して、いいかげんな気持ちで取り組んでいると思われてしまうでしょう。どうしても勤務地にこだわる理由があるのなら、企業が納得するように伝えなければなりません。しかし、家庭に介護が必要な家族がいるなどの理由の場合は、転職活動の段階で説明しておくべきであり、内定後に勤務地の交渉を始めると混乱させてしまうことになります。

希望する勤務地で働かせるメリットを転職先に伝えよう

内定先に転職後の勤務先を交渉する際は、「もし可能なら」「こちらの希望としては」といった言葉を必ず付け加えて話すようにしましょう。基本的には転職先の指令どおりに働く姿勢を見せることが大切です。そして、家庭の事情や希望する勤務地で働かせるメリットがあることを伝えるといいでしょう。

例えば、両親の体調が悪くなるべく近いところに住みたい、共働きで子どもがまだ小さいためといった家庭の事情があると希望は通りやすくなるはずです。また、企業にとって利益をもたらせることを提示するのもポイントだといえます。例えば、今希望する勤務地なら人脈があり、転職後も会社に還元できるものが多いと話すのです。そうすれば、互いに損しない条件で仕事に励めるでしょう。

転職の内定先における勤務地の交渉は企業を納得させる理由を持ち慎重におこなおう

いかがでしたか。転職の内定先における勤務地の交渉は、慎重におこなう必要があります。全国転勤がある企業に転職したのなら、上層部から言い渡された勤務地の命令に従わなければなりません。しかし、どうしても勤務地の交渉が必要なときは、企業を納得させる理由を伝えるようにしましょう。ただただ転勤がしたくないという理由では、会社に居場所をなくしてしまいます。転勤ができない理由が転職活動時にわかっていた場合は、内定後ではなく事前に伝えることが大切です。転勤を受け入れられたと思い内定先は採用したので、勤務地の交渉をされたら混乱してしまうかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月3日転職