転勤祝いを送る際に付ける”のし”の書き方とマナー

2016年12月9日お祝い, 転勤

転勤祝いは相手が喜ぶものを贈るのが基本!

Office 594132 1280

贈り物は、相手の気持ちになって考える事が大切ですよね。それは転勤祝いでも同じです。転勤祝いの品物を選ぶ際は、転勤する人が喜びそうなものを前提に考える必要があります。

また、ラッピングにもこだわる事で、転勤者を喜ばせる事もできます。

転勤祝いとして定番なのは花束や文房具など

転勤祝いのギフトとして、定番なのが花束。しかし、花束はその部署全員で送る事も多いため、個人では控えることもあるでしょう。個人的に贈る品物としては、実用的な物が喜ばれます。デスクにあると便利な文房具などは、転勤先でも使用する事ができ喜ばれるアイテムでしょう。

どのような転勤祝いを贈るにしても、絶対に忘れたくないのは”のし”の存在です。のしがあるかないかで、転勤祝いとしてふさわしいかどうかも決まってきますよ!

転職祝いの”のし”に書く文字とは?

のしとは、祝い事の際に書く日本伝統の物です。例えば、結婚のお祝いの場合は「結婚祝」、出産祝いの場合は「出産祝」というように、のしには決まった書き方が存在します。

では、転勤祝いの場合ののしは、何と書くのが正しいのでしょうか。

転勤祝いの”のし”には「御餞別」「祝御栄転」と書くのが一般的

現金などを祝い袋に入れて渡す場合は、白赤の蝶結びを使用し、のしには、「御餞別」「祝御栄転」などといった事を明記しましょう。のしの書き方は、ビジネスマナーの基本でもあるので、間違えないようにしてくださいね。

これは、品物を贈る場合でも同じとされています。

「御餞別」「祝御栄転」の”のし”を使い分けるポイントとは?

転勤祝いを送る際に、のしに「御餞別」「祝御栄転」のどちらを明記すれば良いのか迷った際に覚えておきたい基本的なマナーがあります。社会人生活の中で、転勤祝いは度々贈るものです。

基本マナーをおさえておきましょう。

確実に栄転の際は「祝御栄転」を使う!それ以外は「御餞別」とする

Dollar 163473 1280

基本的に「祝御栄転」とのしに書く場合は、今の位置付けより高い部署や高い役職への転勤のに使用するのです。そのため、確実に「栄転」とわかっている時のみ使用するほうが無難だと言えるでしょう。

反対に「御餞別」の”のし”の場合は、栄転のみならず転勤する際に一般的に使用する事ができます。すべての転勤祝いに使用する事ができるのしの書き方ですので覚えておきましょう。

転勤祝いの”のし”の書き方は場面により異なる!「祝御栄転」は栄転のときだけに使うのがマナー

せっかく、上司や同僚の喜びそうな転勤祝いを見つける事ができても、”のし”の書き方を間違ってしまえば、相手に不愉快な思いをさせる事にもなりかねません。ですから、正確なマナーをおさえておく事が必要不可欠です。

転勤祝いを贈りたいと場合は、栄転なのかただの転勤なのかを確認した上で、のし紙に明記する名目を考える事が大切になってくるので気を付けましょうね!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK