【結婚前に知っておきたい!】金融業の会社で働く社員の転勤の実情

転勤

金融業界では転勤は頻繁にある

Kuala lumpur 170985 1280

おおよそ、金融業界では2、3年に一度のペースで転勤があります。同じ場所に勤めるのは長くても4年ぐらいが限度です。大金を扱う金融業ですから、横領や不正融資を防ぐために転勤は必須とされており、金融業界はとくに転勤を拒否しにくいのです。

金融関係の会社は基本的に転勤ゼロはありえない

金融関係の会社は基本的に転勤ゼロはありえません。例えば、銀行ならば全国銀行ではなく地方銀行ならば転勤の地域は限定されます。しかし、転勤そのものが無くなるわけではなく、持ち家からかなり遠い勤務先になる可能性はあります。また、本社勤務ならば営業店勤務よりは転勤頻度は下がります。しかし、いきなり営業店で修行を積んでこいと命じられることもありますし、本社勤務でも安心はできません。

年齢や結婚しているかどうかは転勤には関係ない

世の中的には、年を取ったら結婚して家を持って、家族一緒に安定した暮らしをするのが普通でしょう。しかし、金融業界では家族や住宅の都合は考慮されず、結婚生活の長いベテラン社員でも容赦なく転勤させられます。金融の転勤は癒着防止が目的ですから、会社は社員が結婚しているかどうかなんて都合など考慮してくれません。

金融関係の仕事をしている彼氏と結婚するなら転勤は覚悟しよう

金融業界の場合は、転勤命令は突然やってきます。事前に教えない方が不正行為を防止しやすいためです。そのため、金融関係で働いている彼氏と結婚するなら覚悟しておかなければいけません。夫から電話で転勤を伝えられたら即座に転勤準備を開始しないといけませんから、対応の迅速さが必要になります。引っ越しの荷造りや普段からの部屋の整理が苦手だと大変かもしれません。また、社宅でのあいさつ回りや近所づきあいも負担になります。結婚前にそういう訓練もしておくといいでしょう。とはいえ、その大変さに見合う、結婚生活にゆとりがだせる給料が出ますから、頑張りがいはあるでしょう。

転勤はデメリットもあるがメリットもある

Frog 897420 1280

転勤が拒否できるのは両親や子供が重病の場合ぐらいですから、結婚するなら転勤を前提にした人生設計が必要になります。金融関係の仕事の人と結婚すると、いろんな土地に住める、荷物の整理が得になると前向きに考えるのがいいでしょう。子供にとって転勤は人間関係の面でマイナスかもしれませんが、今はネットで連絡がとりやすくなっていますし、将来転勤のある職業についたときに経験がプラスになると考えましょう。

いずれ夫は単身赴任での転勤を余儀なくされる

結婚当初はまだしも、子供が生まれ、ある程度大きくなったら学校の都合もありますし、夫に単身赴任で転勤してもらうようになります。大体、子供が小学校・中学校に入ったあたりで単身赴任の転勤をし始める人が多い傾向です。金融業の給与は高いとはいえ、単身赴任の転勤で支出が増えることも想定した、家計の管理が必要になります。

金融業の彼氏と結婚するなら、高収入だし頻繁な転勤も受け入れよう

会社や職種によっても変わってはきますが、金融業界では2、3年に一度のペースで転勤があると考えておいた方がよいでしょう。転勤は癒着防止のために必要不可欠で拒否できませんから、金融業界で働く人と結婚するのなら転勤を覚悟する必要があります。転勤は妻や子供にとって負担になる面も多いですが、負担に見合う高収入が約束されていますし、頑張りがいはあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス