転勤や異動が一般的に最も多い時期【月・年別】

転勤

月別の転勤時期で最も多いのは7月頃

A0002 008814

月別の転勤時期で最も多いのは7月頃です。

月別に見たときに7月が何故多いのかというと、10月からの後期に向けて動き出す時期だからです。そのため月別に見ると、その7月のシーズンでの転勤が多くなるのです。数多くの会社で大規模な人事異動がある時期はこの7月なので、月別に調べれば、7月頃が最も多くの方が転勤しているでしょう。

月別の転勤時期で次に多いのは10月

月別の転勤時期で次に多いのは10月です。月別に捉えたときにどうして10月が多いのかというと、10月からのスタートに向けて動き出すための標準が7月ごろの転勤なのですから、ぎりぎり滑り込みを考えると、9~10月の時期に転勤の辞令が出ることになります。

ですから、8月ごろは休みもありますからありませんが、月別では9・10月の時期もまだまだ転勤の可能性があります。

転勤が多くて今の仕事に嫌気がさしてきたら

938b374ce97bf624

仕事の種類によっては、転勤の多いものがあります。転勤は職場が変わるだけでなく、住む環境も変化します。そういった環境にうまく対応できず、転勤に嫌気がさす場合は、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

転職を検討する場合は、業界No.1の転職求人数を誇る「リクルートエージェント」を利用すると良いですよ。転勤のない求人情報を数多く取り扱っている上に、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれます。

月別の転勤時期としては多くないのは4月

月別の転勤時期としては多くないのは4月です。

一見転勤が多い時期に見える4月ごろの転勤は実はあまり多くありません。転勤時期を考慮したときに月別で4月が少ないのは、新卒の関係で慌ただしく動いている会社がすごく多いからです。

既存の社員の転勤がどうのこうのする余裕がある時期ではありません。そのため月別に見たときに4月が最も少ないのは一理あります。

公務員の転勤時期は4月が多い!

しかし公務員の転勤時期を4月が多いようです。

一般企業ではあまり一般的ではありませんが、月別なら公務員の転勤時期として最も多いのは4月だとされています。一般の会社に比べれば前期後期で区分する仕事ではありませんから、公務員の仕事についているという人は、月別では4月に転勤があると思っていた方が良いでしょう。

転勤族からそろそろお別れしたいと感じたら

1ce9920a5e138761

転勤族は、多い時には1年間に何度も転勤することがあり、徐々に嫌気がさしてくる場合があります。そんな転勤族とお別れしたいと感じたら、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、「転職活動に失敗したらどうしよう…」などといった不安を抱える人が多いです。そんな時は、「doda合格診断」を利用してみてください!企業への合格可能性を事前に診断**してくれますので、リスクの低い転職活動を実現できますよ。

年別の転勤時期なら4年目が多い

Cherry 621631 640

年別で転勤の多い時期を見ていくと一番多いのが4年目での転勤です。

3年を目途に異動しているというケースが多いので、必然的に転勤も4年目での転勤が一番多くなっていくのでしょう。逆に言えば、転勤にあったとしてもだいたい3年程度そこで我慢すれば戻してもらえる可能性が高いので、転勤にあってもそのくらいを目安に我慢するようにすると良いでしょう。

3年目以内での転勤はあまりない

もし、一年目の一番最初の配属のタイミングで本社勤務などになれば、そこから3年目以内で転勤するというケースはあまりありません。

ですから、最初の配属さえしのげば3年目以内の方は転勤があるかもと、転勤シーズンの度におびえる必要はないでしょう。その段階ではまだ転勤に出してもあまり意味がありませんよね。そのように利益的な面で考えると、その時期での転勤はないと納得できることでしょう。

転勤時期で最も多いのは月別なら7月で年別なら4年目!

転勤時期にみる月別と年別の特徴について、紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

転勤時期で最も多いのは月別なら7月で年別なら4年目です。公務員は4月が一番多いです。上司と仲良くしたり、転勤は無理ということをさりげなくアピールしたりして、転勤を防ぎましょう。

もちろん転勤は悪いことばかりではありませんが、家族の問題などもあるでしょうから、これらの時期には特に注意していきましょう。"

▼転勤か転職かで迷っている人はコチラを参考に

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職