転勤のない会社&職種に就くコツ

転勤

転勤のない会社~小規模の会社を狙おう!~

Apple 15857 640%20(1)

転勤がある会社の特徴は、大規模、支店、支社が多い

転勤がある会社の特徴は、大規模、支店、支社が多いなどがあげられます。そもそも大規模、中規模企業を避ければ、転勤の可能性はぐっと低くなります。

家庭の事情などで転勤が難しい場合には、仕事に就く前の面接の段階できちんと確認をしておきましょう。

ベンチャー企業は転勤はない可能性が高い

企業の安定性を求めれば大企業になると思いますが、転勤の可能性も高くなるかもしれません。それならば、支店や支社がないベンチャー企業への就職、転職を目指しましょう。

ベンチャー企業は企業の安定性はないかもしれませんが、決して大企業よりも給与が劣っているとは限りません。自分の就職に対する優先順位を考えながら、仕事を探しましょう。

職種により転勤のあるorないは大きく変わります!

例えば、大手企業の営業職ならば転勤が必須かもしれません。全国規模で支社、支店があれば、どこに異動になるかはわからないでしょう。

むしろ銀行員のように転勤が出世の条件のような会社もあることでしょう。では、逆に転勤が必須ではない職種があるのでしょうか。

専門性の高い職種は転勤の可能性が低いと言われている

例えば、あなたに法務の知識があれば、本社の法務部への勤務になるでしょう。この場合、支社、支店などへの転勤の可能性は非常に低いと思います。

また、研究分野のスキルがあれば、研究所から異動になる可能性も非常に低いと思います。このように転勤が発生している企業でも専門的な知識があり、その分野の部署が社内で一箇所にしかない場合は、転勤の可能性は非常に低くなります。

肝心なのは入社時。転勤のある・ないをキチンと把握しておく。

Office 336368 640

ここまでは、企業の募集要項を確認する前に、転勤なしの会社をピックアップする方法でしたが、

最終的には、企業の募集要項で転勤なしの会社をピックアップしていきましょう。

もっとも重要なのは入社手続き時です

会社選びをするときには、転勤のない会社であるかは、確認するようにしましょう。

もっとも重要なのは入社手続きの時です。契約書などを交わす時に、転勤の有無を確認するケースがほとんどですので、よく確認しておきましょう。

転勤のない会社をすぐにあきらめるのは禁物

企業が募集を出すタイミングの問題もありますので、転勤のない会社をすぐにあきらめるのは禁物です。

探し続けていく内に転勤のない会社が募集を出してくるかもしれません。

また、会社の事業拡大に応じて転勤が出てくる場合もあります。あるいは入社時には独り身で転勤がOKだったものの、結婚や出産で家族が増えて転勤が難しくなる場合もあるでしょう。そうした事も加味して、転勤のない会社や職種を選びましょう。

転勤のない会社かどうかは会社選びの時に徹底的にリサーチする

転勤なしの会社は探せばあります。そのためには、自分の中で、会社選びの優先順位を明確にする必要があります。

全ての条件が整う会社はなかなか見つからないかもしれないので、自分がゆずれない条件から仕事を探していきましょう。

また、仕事を探していく中で条件は変わってくる可能性があるかもしれません。ぴったり条件に合う会社がないからといってあきらめずに、まずは行動してみましょう。

しかし、転勤は出世や昇進のチャンスという見方もあります。若いうちしか経験出来ない可能性の一つという考え方もできますので、柔軟に頭を働かせましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職