転勤が出世か左遷か見極める方法

出世, 左遷, 転勤

転勤を命じられた時に自分の成果や評価を確認する

A1640 000057

全く転勤をする気が無かった上に、出世も目指していない時に上司から転勤を命じられた場合は要注意です。左遷の可能性がああるからです。無闇に人員配置することは戦力を削ぐ結果になるので、必ず転勤には理由があります。特に仕事で成果も挙げていないのに転勤を命じられた場合は、転勤先の業績や状況を調べましょう。また、自分の評価を再確認して、出世なのか左遷なのか調べることが大切です。

自分の評価や成果は同僚に確認

転勤先の業績を知ることが出来れば、出世なのか左遷なのかわかります。口では出世の為と言っていても、実際には転勤先からの出世は見込めない左遷の場合もあります。口車に惑わされずに、転勤先の内情を調べることが大切です。また、自分の評価や成果は同僚に聞くことで知れる場合があります。上司が自分のこと評価や成果について同僚に話している可能性があります。

出世ができる転勤先は部署数が多い

出世なのか左遷なのか見極めるには、転勤先に存在する部署の数を調べましょう。より多くの部署がある場合は、その場所からあらゆる部署への繋がりがあります。多くのポストが用意されている場合ということで、出世のチャンスが多いです。そういった場所への転勤を提示されれば受けることが大切です。

昇格と同時に転勤したとしても部署数は確認する

昇格と同時に転勤をしたとしても、転勤先ではそれ以上の昇格が見込めない場合があります。良い転勤に見せておいて、実質左遷という場合もあります。昇格と共に転勤を命じられた場合には、転勤先の部署の数などを把握し、出世なのか出世に見せかけた左遷なのか見極めましょう。

成果を出して上司からの評価を上げることが出世できる転勤に繋がる

給与もアップしないような転勤を命じられない為にも、出世を伴う転勤を目指すことが大切です。成果を出して上司の評価を上げることで、出世を伴う転勤ができるので計画的に評価を上げましょう。経験を重視する会社もあれば実力重視の会社もあります。後者の場合は短期間で成果を挙げることで出世による転勤ができます。左遷されないよう常日頃から評価を意識して働きましょう。

出世か左遷かは上司次第

出世による転勤を命じるのも、左遷を命じるのも同じ上司です。つまり、どれだけ成果を挙げたとしても上司に気に入ってもらえなければ出世は出来ません。上司のさじ加減で出世も左遷も決まってしまう会社も存在するので、日頃から業務中にコミュニケーションを取っておくことが大切です。

出世できる転勤先は部署が多くて左遷の場合は少ないという点から転勤の意味を見極めよう

転勤先の部署数は出世か左遷か見極めるのにいい指標となります。短期間で成果を挙げて出世できる場合もありますが、あまりにも経験年数が少なければ見送られることもあります。急に成果を挙げても報われずに、気を抜いたことで成果が下がって結局良い転勤が出来なくなります。日頃から努力して、少しずつでも成果を挙げていけば良いタイミングで出世を伴う転勤を命じてもらえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職