【年始がツラい…】正月明けは仕事を辞める人、辞めたい人が続出?!

年始

正月明けの仕事始めは要注意

楽しい正月、どのように過ごしましたか?正月をのんびり過ごした人、寝て過ごした人、さらに旅行などをしたり、帰省して遊んでいた人、様々な人がいると思います。特に今年は最高で9連休もの休みがあった人もいると思います。

そこで、正月が明け、年始になると「仕事に行きたくない」「仕事辞めるかも…」「仕事を休みたい」という気分になってきて、中には鬱になる方もいるようです。

ツイッターでは「仕事に行きたくない」というセリフが話題に

正月をどのように過ごそうとこういった思いはやってくるようです。ツイッターなどでは正月明けの仕事始めにあたって「仕事に行きたくない」とツイートする人が続出したそうで話題となっています。仕事に行きたくない、と皆さんが感じているようで、皆に共通する事柄なのだなと思います。

休暇明けの仕事は準備体操をせず冷たい池に飛び込むようなもの?

年始に仕事に行く、という行為は、ある人たちからは、「準備体操をせずに、いきなり冷たい池なんかにドボーンと飛び込むようなもの」だと例えられているようです。どういったことなのかというと、心の準備が出来ていないのに、いきなり厳しい仕事を始めなければいけない、またはぬる~いお正月の空気の中、いきなり厳しい仕事へと行かなければいけないという状況に、心と体が拒否してしまうようなのです。

中には鬱になる人も

仕事に行きたい、辞めたい、と口で言いながらも頑張れる人は良いのですが、中には本当にブルーになり、中には鬱などになってしまう人も多いようです。鬱と言うと既に心の病気なので、これには要注意です。この鬱になってしまうと、重症化すると本当に仕事を辞める羽目になってしまったり、通院をしたりしなければいけないケースもあります。

気持ちを前向きに持っていくには

こうした、年始に辞めたいなぁ行きたくないなぁと思う気持ちをどのように、前向きに持っていけばいいのでしょうか。これは、やはり自分の気力次第と言えるでしょう。

「やる気のある人」を演じる

たとえば、「やる気のある人を演じてみる」という方法をおすすめします。シャキシャキと動いてみる、そしてやる気があるように装っていくうちに周りからもやる気があるように見え、評価があがるかもしれません。周りが正月ボケなどで、なかなか切り替えられない中、自分が動いていると高評価が得られるかもしれませんよ。

「誰でもある、普通のこと」と考える

自分が仕事に行きたくないなあ、と思っているとしても、それは皆が思っていることです。「このまま仕事辞める?」なんて深く考えるのをやめましょう。とりあえず次の休みを目指して頑張っていくしかないと言い聞かせて、仕事へと向かいましょう。

年始に仕事を辞める人が続出している?!のまとめ

正月明けの年始第1日目、いきなり仕事に行くのが辛くなる方もたくさんいらっしゃると思います。中には実際に辞める選択をする人もいるようです。しかしながら、これは一時のしんどさかもしれません。

また仕事に行く日々が日常になると、体も慣れてその休み明けの辛さも徐々に和らいでいきます。ですので、仕事始めが辛いからと言って、いきなり仕事を辞めるだとか、そういった重大な決断をしないようにしましょう。趣味の時間を確保して楽しむなどプライベートでは気を紛らわせて、徐々に気持ちを前向きにしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職