最短でいつ?再就職手当の支給日・支給時期の目安

再就職手当

再就職手当とは雇用保険の受給資格者のみに支払われる手当金

Achievement 18134 1280

再就職手当とは、雇用保険の受給資格者のみに支払われる手当金で、失業給付の基本手当ての受給資格を得た後に、再就職が決まった人に支払われるものです。

手当金の金額は、基本手当ての受給日数と密接に関係しており、受給日数が三分の一以上残して再就職した場合と、三分の二以上残して再就職した場合とで、支給される額が変わってくるので、条件をよく知っておく必要があります。

受給日数が三分の二以上だと多く支給される

三分の一の場合は基本手当て支給残り日数の60%、三分の二以上残っている場合は基本手当ての支給残り日数の70%が支給される仕組みとなっています。

再就職手当ての振込日に関しては、三分の一でも三分の二でも振込日の変更はありません。この違いを知っておく必要があるでしょう。

再就職手当は振り込み日の決定が遅い

基本手当てを受給中に、早期での再就職が決まった場合に支給される再就職手当の振り込み日ですが、これは失業給付のように認定されればすぐに振り込み日が決まるというわけではありません。

失業給付の場合、すでに失業しているのが分かっているので、後は申請日と離職理由で振り込み日が決定できますが、再就職手当に関しては再就職後辞めずに勤務していることを確認する必要があります。

1年間雇用されることが就職の定義になっている

就職の定義は、最低でも1年間は雇用され仕事を続ける必要となっているので、短期での雇用は再就職になりません。そのため振り込み日が失業給付のようにすぐ決まることはないのです。

1年間雇用される必要があるせいで、受給をあきらめる人が多い要因となっているといえます。こういった定義を知っておく必要もあるでしょう。

再就職手当支給の資格確認はどれくらいかかるのか

厚生労働省のHPでは、「支給の可否を判断するため、支給までには一定程度時間がかかる」「審査状況は、電話での確認は不可。申請されたハローワークへ来所のうえ、本人確認書類を提示が必要」と記載されています。では実際にはどれくらいかかるのでしょうか?

Euro 870757 1280

一般的には1~2ヶ月

上記の支給の可否審査、ハローワークからの在籍確認などを経て、給付決定通知書が到着します。には「おおむね一週間以内に振込」と記載があり、承認後1週間~10日前後と考えると、転職後約1ヶ月半〜2ヶ月はかかるとみてよいでしょう。

もっと早く受け取れるケースも

ネット上の口コミなどを見ると、在籍確認は特になかったり、申請から半月ほどで給付決定通知書がくるケースもあるようです。各々のハローワークの混雑状況等によっても異なるのかもしれません。

また、申請書には再就職した会社の捺印が必要になるのですが、こちらの手続き期間が短縮できると、早期の受取に繋がりそうです。

再就職手当の支給日は決まってないが最短でも申請から2ヶ月はみておこう!

再就職手当の振り込み日決定までには、転職後約1ヶ月半〜2ヶ月程度かかるといいましたが、これは何の問題もなく確認と手続きが最短で進んだ場合の支給時期です。再就職手当には支給対象とならないケースがあるので、もし再就職が決まった場合でも条件を満たしていない場合には振込日の決定は愚か、申請も却下されることになります。

このように、再就職手当の支給は行なわれない場合もあるので注意が必要でしょう。

転職を成功させたい人必見!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

転職