運行管理者の年収と気になる仕事内容

運行管理者

運行管理者とは安全を確保する人

Woman 801872 640

バスやトラックは、適切に運行される必要があります。なぜなら、仮に事故が起きると、多くの人に迷惑がかかる可能性があるからです。そのため、日本では、運行管理者の立場で業務を遂行する人々が存在します。運行管理者は、安全をきちんと確保していく点にあるといえるでしょう。

国家試験に合格すると運行管理者になれる

運行管理者として、物流業界に貢献していきたいということであれば、運行管理者の資格を取得しなければなりません。この資格は国家資格であり、試験については、貨物と旅客とに分かれていることが特徴となっています。双方の試験の合格率は、ともに40%を下回っていることから、決して難度が低いということではないのです。

運行管理者の仕事は乗務員の配車組みや健康管理

運行管理者の仕事は、主に乗務員の配車組みや健康管理といえるでしょう。これらを適切に行ってこそ、運行が円滑になるのです。日々、乗務員の健康や運航状況を把握して、事故を未然に防ぐ役割があると言えるでしょう。そのため、責任が重大な仕事ともいえます。

事故があると真っ先に責任が問われる立場

運行管理者は、事故などがあると真っ先に責任が問われる立場でもあります。管理ができていなかったために事故が起きた、と考えられるからです。国家資格である以上、それ相応の責任感は必要になりますので、しっかり頭に入れておきましょう。では、運行管理者の年収について見ていきたいと思います。

運行管理者の仕事に興味がでたら

運行管理者の仕事内容に興味がある人は、転職エージェントに相談してみるといいかもしれません。仕事内容以外にも、年収や福利厚生など、求める条件があると思いますので、すべての条件がマッチする求人を紹介してもらいましょう。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1の求人数を誇りますので、あなたに最適な企業が見つかる可能性が高いですよ。

運行管理者の年収とは?

運行管理者は、物流業界においては大変に重要な位置づけとなっています。なぜなら、自動車運送事業者として事業を行う場合、運行管理者の選任が必要だからです。そのため、運行管理者に抜擢できる人がいなければ、事業そのものが成り立たなくなってしまう場合もあるでしょう。では、運行管理者として期待できる年収の額は、どのくらいなのでしょうか。

年収は組織によって様々だがおよそ300~800万円

運行管理者であっても、所属する組織によって、年収の額は様々です。300万円台のケースもあれば、800万円台のケースもあります。そのため、運行管理者としてどのような組織で働くのかという点は、非常に重要になるというわけです。そのため、経験を重ねても年収が上がらないようであれば、転職について考慮していくことも1つの選択肢でしょう。

安全の確保が仕事で責任重大な運行管理者の年収は300~800万円ほど

運行管理者の年収と気になる仕事内容について見てきましたが、いかがでしたか?運行管理者の資格は、国家資格です。そのため、この資格を取得できれば、物流業界の組織から高く評価されるのが基本です。年収としてはおよそ300~800万円となっていますしかし、運行管理者として仕事をするようになったとしても、年収が大幅に上がるとは限りません。そのため、組織によって年収の額が違ってくるという点については、前もって理解しておいた方が賢明です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職