転職者が入社初日の前日にすべき準備

入社

入社初日の前日にすべき準備①:会社に連絡を入れる

Blogging 336376 640

転職の場合、前職を退職するにあたり、引き継ぎや手続きでバタバタしてしまうこともあるでしょう。しかし、転職先から採用通知が来た時に返事をしたきりでそのままにしておくと、転職先から「入社の意志がない」と見なされてしまうケースも少なからずあります。

やる気を見せるためにも転職先には、念のために入社前日までに必ず連絡を入れておきましょう。確認のためにも必要な準備ですよ。

入社初日の前日に出社時間と持ち物を確認しよう!

転職初日、意外と忘れがちなのが出社時間です。会社の始業時間が9時だったとしても、入社初日は説明のために30分早く来て下さいと言われたり、逆に遅く来て欲しいと言われる事もあります。

入社初日の出社時間に関しては、しっかりと確認しておきましょう。持ち物に関しても、印館や年金手帳等が必要になることもあります。なので、入社初日の前日に必ず確認しておきましょう。

入社初日の前日にすべき準備②:通勤ルートと所要時間の確認

入社初日は時間に余裕をもって出勤しましょう。理由は、出勤にどれくらい時間がかかるのかわからないためです。朝の通勤時間帯は急行が走っていたために、予想外に早く着いてしまったりします。逆に通勤ラッシュのために、電車が遅れたりすることが珍しくありません。

また、通勤で使う電車の路線なども入社初日の前日に確認しておきましょう。入社当日に路線を間違えて遅刻する、なんてことのないよう要注意です。入社初日の前日には、通勤ルートと所要時間を確認し、入社初日には余裕を持って出社しましょう。

出勤ルートは複数把握しておくと◎

入社初日の当日は、思わぬトラブルで遅くなってしまうケースもあります。電車が止まってしまった時のことも考えて、本来の通勤ルートの他にも、通勤方法を確保しておきましょう。想定しておく事も社会人としてのマナーです。

万が一の時には、タクシーを使えるようにするといいかもしれません。最寄り駅からタクシー乗り場までを入社初日の前日に探しておくと、いざというときに役に立ちます。

入社初日の前日にすべき準備③:着ていく洋服を用意

入社初日の朝にワイシャツを着たらボタンが取れていた!スーツがシワになっていた!なんて事もあります。入社当日に着ていくものは、前日のうちに出しておき、ほつれやシワがないか確認しておきましょう。

女性の場合、特にメイクやヘアスタイルに時間がかかる事もあるので、必要なものは入社初日の前日に全て揃えておくことです。入社初日の朝に慌てないようにしましょうね。

おまけ:前日には簡単な自己紹介を考えておく

転職者の場合、即戦力として入社当日から現場に配属されるのが多くなります。転職者はその場で自己紹介をすることが多いので、簡単な自己プロフィールを考えておきましょう。鏡の前で笑顔で言えるか、練習してみるのも良い方法です。

Bucket 315981 640

転職者は入社初日の前日には通勤ルート・所要時間・洋服・自己紹介を準備しておく

転職者が入社前日にするべき準備と、心構えについて考えてきました。転職者は既に社会人経験者とあり、新しい職場と人間関係に対して緊張はしても、社会で働くという事に対して不安感はないものです。

入社初日の前日には、前職で自分が経験してきたのを思い浮かべて、「今までの自分があるからこそ明日の自分がいるのだ」と自信を持つようにしましょう。入社先はあなたのことを全く知らない人ばかりです。なので、なりたい自分をイメージしてキャラを作っておくのも良いですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職