運行管理者の資格を取得したい方にオススメの勉強法【貨物編】

2017年1月16日資格, 運行管理者

運行管理者とは?

Cc

取引等において貨物を輸送する際には、その商品に対しての安全な管理や監督が求められます。その際に優遇されるのが、「運行管理者」の資格です。特に近年では長時間運転による事故の多発などにより、コンプライアンスが重視されるようになりました。企業などにおいて運転手の管理・監督を行うために、必要不可欠な資格だといえるでしょう。

本ページでは、そんな運行管理者の資格についてご紹介します。

運行管理者になる方法は2つある

貨物の運行管理者になる方法は2つあります。1つが「試験への合格」、そしてもう1つが「一定の実務経験+その他の条件を満たす」です。運行管理者の試験は年に2回あり、受けるためには受験資格を満たさなければいけません。受験資格としては、以下のうちどれかの条件を満たすことが求められます。

①1年以上の実務経験

②国土交通省が認定する実施機関での基礎講習を修了した人

③上記の基礎講習を終了予定の人

試験の種類としては「貨物」と「旅客」があり、どちらも筆記での実施となります。どちらからでも受験できますが、取得の際には実務経験を積んだうえで勉強する方法が良いでしょう。

運行管理者試験のオススメ勉強方法:過去問を解く

では、運行管理者(貨物)の試験勉強においては、どのような方法が有効なのでしょうか。その際のオススメの勉強方法が「ひたすら過去問を解くこと」です。運行管理者(貨物)の試験では長文の問題があるため、素早く文章を読み解く力が求められます。そのためには、ひたすら過去問を解いて慣れておく方法が有効といえるでしょう。過去問は公益財団法人の運行管理者試験センターというサイトで見ることができますので、ぜひ、活用してください。

過去問をひたすら解いて運行管理者資格の貨物を取得しよう

運行管理者になるためには、運行管理者試験に合格して「運行管理者資格者証」の交付を受けていなければなりません。実務経験のない場合は、国土交通大臣の認定する講習機関で講習を受けて、試験を受ける方法が良いでしょう。出題される問題は過去問から出題される傾向もあるので、勉強の際にはその点を踏まえておくと良いです。しっかり勉強して、運行管理者(貨物)の資格を取得してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK